まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

中国最新事情 -杭州の漢方薬の老舗 胡慶餘堂中薬博物館-

胡慶餘堂は1874年に胡雪岩と言う人が設立した漢方薬の薬局で、北京の同仁堂とともに南北の双璧として有名な老舗だそうです。
しかも、ここには中国でも最初と言われている漢方薬の博物館が併設されていて、1万種類を超える漢方薬の原料の展示もされています。

実は、今回ここを訪れたのは偶然の産物なのです。あまりにも雨が降るので雨宿りのつもりで入ってみたのですが、それが大正解。
思いもかけない勉強をさせていただきました。

立派なHPもありますよ。

◎この白壁の向こうのお屋敷が店舗兼博物館です。
090328s 091
◎博物館は入場料10元。
090328s 090
◎最初に、胡雪岩さんが出迎えてくれます。
090328s 067
◎いやあ、それにしてもすごい豪邸です。清朝のお屋敷がそのまま残っていること自体が奇跡的。
やっぱり、薬屋さんに悪いことをしたら、病気になったときに薬を売ってくれないから、みんな遠慮したのかなあ?
090328s 068

090328s 073

090328s 081

090328s 085
◎展示されている漢方薬や原料の数々。膨大な種類です。しかも、世界中から買い集めてきたことが分かるのですが、その労力もハンパじゃあないですね。
090328s 082

090328s 083

090328s 075

090328s 076
◎1階では実際に薬局が営業しています。出された処方箋にしたがって薬を調合していくのですが、その薬の種類が1万種だとすると、その組み合わせは無限にあるわけですねえ。ふぅ~・・・・
090328s 086

090328s 089
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1071-e015687f

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad