FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ランゲ・エデュカート シャルドネ 2003

今日は早朝からずっと雪が降っています。先週末は首都圏でかなり降ったそうなのですが、今日はこっちの番かあ。
積もって交通が混乱することはないと思いますが、それもどうなることやら。私の事務所は3階の高さにあるのですが、フト外を見てみると、隣のビルとの間を雪が横殴りに降っています。時には下から上に降ったりして、まるでダンスを踊っているようにも見えます。
雪国の人はこんな天気には慣れっこでしょうから「また雪かよ。チェッ。」なんて舌打ちをするんでしょうが、私なんかは珍しいものですから面白く見入ってしまいます。
さっきまで台湾の取引先とメールのやり取りをしていたんですが、「昨日半ズボンで海で釣りをしたもんだから足がヒリヒリして痛いんだよ。」なんて書いてあると、人それぞれの人生の多様さに妙に感心してしまいます。
いいなあ、、、あいつらはこれからが正月だもんなあ。

今日はイタリアの白ワインなんですけど、ラベルを見ていやな予感が、、、、だって、アルコール度が14.5と書いてあるんです。
ときどき赤ワインでこんな度数はありますけど、白では経験がありません。いったいどんなワインなのでしょうか?
ラベルは落ち着いていますが、イタリア物は油断ができません。色は薄い黄色。あまり粘性はありません。香りをかいでビックリ。樽香がすごく出てきます。あんまり湿った感じは無いので新樽なんでしょうか?これのおかげでほかの香りはわからないです。でも、私の好きなタイプです。別に冷やしすぎたつもりは無いのですが、香りは出ず、その代わりにアルコールをすごく感じます。焼酎みたい。
味もまさに焼酎。ホントにシャルドネなんでしょうか?まるで薄い砂糖水で割った宝焼酎ですね。舌の奥のほうでバニラの甘さを感じるのが特徴でしょうか?ワインに対してこんな評価はマイナスなんでしょうけど、私は決してネガティブな感情で言っているんじゃあないんですけどねえ。
明日はもう少し温度を上げて試してみましょう。このままでは納得しかねます。
追申-ポッとほっぺたが火照るくらいのアルコールは健在です。樽香は少し落ち着きましたが、バニラの甘さがすごく強くなりました。ホントに面白いワインです。今まで経験無し。

生産者-エリオ・グラッソ
生産国-イタリア
購入店-にしのよしたか
購入価格-2980円
◎シンプルなんですけど、デザインされてるのを感じます。イタリアンですね。

20060123202006.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/109-a3dd8477

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!