FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

シャルドネ・クラシック 2002 

我が家でも、やっと地上波デジタル放送を受信できる環境が整いました。 京都市内ではこの四月から本格的に中継局が動き出したんです。
普通、一般家庭では我が家のように積極的に機器をそろえたりするところはまだ少ないようです。だって、チューナーだけで5万円位しますから。
実は、我が家では従来のアナログ放送をきれいに受信することが出来なかったんです。それと言うのも、我が家と生駒の発信所のあいだにそれほど高くはないにせよ山があって、ほんとにうまいこと邪魔をしてくれているんですよ。
いままで、何度もアンテナの位置を変えてみたり、高感度のアンテナを買ってみたりしても全然ダメ。
ずっと、ゴーストの出っ放しの放送を泣く泣く見ていたわけです。
ですから、藁にもすがる思いで地上波デジタルを試してみたところ、いままでの苦労がうそみたいに無くなりました。
バンザ~イ!!
これで、子供の目が悪くなるんじゃあないかと言う心配から開放されます、、、なんて思ったのはほんの一瞬でした。
今度は子供たちはきれいに写るようになったテレビを今までの倍くらいの時間見るようになってしまいました。
結局は一緒かなあ、、、、、、、、

さて、本日のワインはシャルドネです。それもラングドックの!
シャブリで知られた生産者のドメーヌ・ラロッシュが地中海沿岸のラングドック地方に畑を買って作り始めたワインです。

色は少し黄緑っぽい金色。かなり粘性が高そうです。香りはそれほど強くなく、甘い柑橘系。グラスを回すと少し蜂蜜を感じます。 ちょっと、これでシャルドネだというのは難しいですね。やはり南で作られただけあって、ルーサンヌ種なんかと間違えそうです。
酸味は弱く、渋みが出てきますね。あまり冷やさずに飲んだのですが、そうしないとなかなかイメージをつかめないんですよ。
ただし、アルコール度は高そうです。
なんていうのかなあ、、メリハリがないし、しばらくすると飲み飽きるし。中途半端です。
なぜ、わざわざラングドックでシャルドネを作る気持ちになったのか、生産者に聞いてみたいですね。

生産者-ミシェル・ラロッシュ
生産国-フランス
購入店-不明
購入価格-1300円

 20050413223843.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/11-c13adec0

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!