FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ニュイ・サン・ジョルジュ 1998

今年になってから続々と新型のゴルフクラブが発売されています。それと言うのも、2008年からルールが改正されて、それ以前の古いドライバーが使えなくなるからです。
まだ2年も先の話なのにどうしてこんな時期から売り出されるのか? 正直言って私にはその理由がわかりません。
ただ、この改正自体はクラブメーカーにとって大きなビジネスチャンスです。おのずから力も入るんでしょう。しかもメーカーの説明を読んでみると、ボールをより遠くまで飛ばすための理論と言うかメカニズムはものすごく科学的でハイテクです。
素材もまるで宇宙船に使われているんじゃあないかと言うような聞いたことも無いようなものが使われていたりします。
こういう分野は日本の得意中の得意なのではないでしょうか?
たいがいのゴルファーは今よりもっとボールを飛ばしたいと思っていますから、新製品のニュースを聞くとドキドキするはずです。(自分がそうです)
そして、まるで自分がタイガー・ウッズになったかのようなプレイを夢見るのです。結果的には道具を替えるよりも自分の腕を替える必要があることを痛感するだけなんですけれども、、、


冬の間に倉庫を整理したんですが、忘れていたワインが何本か出てきました。どこから買ったのか、いくらで買ったのか記録がありません。
でも、結構良い塩梅に熟成しているんじゃあないか??と期待しながら栓を抜いてみます。
色はかすかにエッジに茶色を感じますが、ピノ独特の薄い赤の色合いです。雰囲気は良いですねえ。香りはまさに獣肉臭満開。それにプラムのような果実香。
口に含むと、酸味はまるく、しかし強く、タンニンは後からついて来るというイメージです。甘味もそこはかとなくあり、全てのバランスが取れていて幸せになります。
単なる村名のクラスなんですが、今が旬ではないでしょうか?たまたま見つけたわけですが、あんな、夏になれば40度くらいにもなる倉庫でこんな熟成をするなんて、、、何が幸いするかわかりませんね。(B)

生産者-ジル・リモルケ
生産国-フランス
購入店-不明
購入価格-不明
◎忘れられていたワインなんですけど、、、、
20060123201952.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/110-b58c5b04

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!