FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ブルゴーニュ・ブラン シャルドネ 2003

NHKで矢沢栄吉のライヴ活動の特集をやってたのを見ました。エーチャンを見るのは久しぶりです。昔はあんなに熱心だったのにねえ。
それにしても、自分より年上だというのに、なんであんなにパワフルなんでしょうか?確かにしゃべり方も丸くなったし、ツアーの最後のほうでは目の下にクマができて、オッサンの顔にはなっていたけれど、ステージ自体はぜんぜん変わらない。
相変わらず「エーチャン節」は炸裂してましたね。決め言葉の「ヨロシクッ!!」なんて言われると、思わず「はっ、はー。」と最敬礼してしまいます。
海の向こうではローリング・ストーンズも元気だし、(向こうのほうがもっと年上だけど)肝の据わったロッカーのハートはいつまでもメラメラ燃えているんですね。
そういえば、スタイルは全然違うけれど、私の憧れ、高倉健も歳を取らないなあ。別に長生きがしたいとか、そういう意味ではないけれど、どうすればああなれるのか、チョット考えて見なければいけないのかなあ?

今日はACクラスのブルゴーニュです。ブノワ・タシィと書かれているのは、輸入元のオリジナルブランドのようです。
色は薄い若草色。香りは、、、あれっ、なんか化学薬品のような、、、飲んでみてもすごくニガイ!このワインの2002年物を飲んだときにはすごく良い印象をもったので最初はブショネを疑ったのですが、とりあえずしばらく置いてみることにしました。
一日経って再挑戦。色は変わらず、香りは、、、ぜんぜん違う。蜂蜜、アプリコット、白い花、決して強くはないのですが若々しい清らかなイメージです。飲んでみると、ここでも蜂蜜。酸はおとなしいですね。全体的に飲みやすいけれどちょっと薄っぺらではあります。
2003年は暑い夏だったと言うことで、凝縮感のある濃いワインが多いと言われているのに、このワインはむしろ前年よりおとなしい気がします。
それにしても、あの最初の変なものは何だったのでしょうか?酸化防止剤か何かが作用していたのでしょうか?
決して悪いワインではないと思うのですが、この価格は少し高い。1000円は切ってほしいところですね。(D)

生産者-ドメーヌ アンリ・クレール 
生産国-フランス
購入店-リカーマウンテン
購入価格-1580円

◎ラベルはけっこうゴチャゴチャしていて、何が言いたいのか良くわかりません。
DSCF0835.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/127-ec01f10a

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!