FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ブルゴーニュ アリゴテ 2003

私の会社では風邪が大流行しています。たいていの人間がマスクをつけているか、声が変です。
しばらく顔を見なかった娘が「私、インフルエンザだったんですぅ。」なんて言って来るので「オイッ、そばによるなよ。」と追い払っている始末です。
私も去年の早い時期に風邪気味だったのですが最近は快調です。特別なことは何もしてはいないのですが、毎晩アルコールで体内は消毒しているますからね。あえて言うなら、今年はにんにくの消費量がすごく多いのです。いつもの倍くらい使ってますね。でも、これで風邪が予防できるなら安いもんです。
きのうと、今日の朝はすごく寒かったのですが、今週はこのあと、かなり暖かくなってくるようです。だんだん春の気配が出てくる時期になってきたんですね。
ただ、こうなるとかえって風邪に注意しなくては。暖かくて汗をかいた後でヒヤ~とした時が一番危ないですね。服装も、簡単に着たり脱いだりできるようにしておかないと。
地球温暖化ということで、南極の氷が溶けるというニュースがあるかと思えば、ロシアの科学者が「これからは軽い氷河期になる。」との予測を出したりしていて、どっちがどうなのか良くわかりませんが、東北地方の大雪を見ると、ロシアの科学者が正しいような気がします。
でも、もしそうなら、いよいよ南方移住計画を実行しなければいけなくなります。この春から調査を再開しようかな?まずは中国の海南島へでも行ってくるかな?

今日のワインはブルゴーニュの白ワインの有名つくり手、ラモネのアリゴテです。でも、どうもこの名前が、、、ラモネ→ラムネ→甘い、、変な連想ですね。
色は、、、これまた薄い若草色です。2003年の特徴なのかしら?この前のワインといっしょですね。香りも穏やかなところはよく似ていますが、スミレ、バナナ、バニラ、樽醗酵なんでしょうかねえ、樽のイメージがあるんです。
味的には、ちょっとまだ酸が暴れています。でも、なんていうのかなあ、噛み締めたくなる味とでも言えば良いのか、讃岐うどんのイリコ出汁のような、味の素っぽいミネラルと甘さを感じます。ずーっと、口に残りますね。
ワインを飲んでいることを忘れそうです。まだ栓を抜くのは早かったように思うんですけど、アリゴテではダントツだと思っているドーヴネとはまた違った方向性を持っている良いワインだと思いました。なかなか買えないんですけど、また見つけたらきっと、、、、(B)

生産者-ドメーヌ ラモネ 
生産国-フランス
購入店-リカーランド・コモリ
購入価格-2660円

◎高級なボトルとはラベルのデザインが違うようで、、、、
DSCF0839.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/129-c0d7989f

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!