FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

アメリカ出張日記 -ニコラス・ケイジはいなかったけれど-

え~と、お仕事の前にはやっぱり栄養をつけないことには、、、、「腹が減っては戦はできぬ」と言いますからねえ。
とか何とか言いながらやってきたのはサンディエゴ市内にある”リトル・イタリー地区”
アメリカでイタリア料理を食べようと言う算段です。

それと言うのも、私はアメリカでの食事が大の苦手。あの安物の油でギラギラする料理を食べたらアッと言う間に重度の胸焼けになってしまってベッドの上で苦しまなくてはいけません。
ですから、いつもカバンの中にはうどんを作るセットを持ってきます。お鉢とうどん玉とヒガシマルのうどんスープとお箸。
これさえあれば数日間は生きながらえることができるはずですからね。

でも、アメリカに到着早々ではまだ元気がありますからちょっと街へ出かけてみようということなんです。
そして、イタリアンなら何とかなるかも分かりませんからね。

事前調査を充分行って搾り出したお店は「ボナペティート」名前はベタですねえ。日本のどんな田舎町にも必ずあるようなイタ飯屋の名前と一緒ですわ。
でも、周りの店と見比べてみてもお客の入りがぜんぜん違うらしい。隣は閑古鳥が鳴いているのに、この店には行列ができているんだそうですから。
HPはこちら

さてさて、少し早い時間だったのですんなりと席につけましたが、その後はアッと言う間にウェイティングリストに名前がズラリと書き込まれることになりました。
ほんとに”危機一髪”でしたわい。

サービスをしてくれたのはちょっとだけニコラス・ケイジが入ってるかなあ??という情けない顔つきのお兄ちゃんでしたが、料理はあい変わらずのボリュームの多さには参ったけれど味も良かったし、勧めてくれたワインもちょっと甘みが強かったけれど飲むことはできたし、食後のグラッパは「うちはリキュールの免許を持ってへんねん。」と断られたけれどエスプレッソは出てきたし、まあ合格点と言うことにしましょう。

さて、もう一軒行きたいねえ。

◎こんな電飾が飾られているリトル・イタリー地区。周りはトラットリアやバールばっかり。
100209s 025

◎ボナペティートはその中ではおとなしいほうですね。
100209s 024

◎店内はすでに80パーセントは埋まっていました。
100209s 021

◎アッと言う間に待つ人も出てきて、、、、流行っていることは美味しさの証明、、かな?
100209s 022

◎プリモのポレンタのキノコソース。キノコのクリームソースが濃厚です。
100209s 008

◎アンガスビーフステーキのゴルゴンゾーラソース。オレって味の濃いものばっかり注文してるわ。
 胸焼けするはずやね。
100209s 010

◎焼き加減はレア。赤みの美味い肉でした。でも400gくらいあったなあ。
100209s 014

◎ワインはパソ・ロブレスのジンファンデルを。アメリカ人が好みそうなお味ではあります。
100209s 015

◎日本で出てくる大きさの4倍はあるティラミス。
100209s 019

◎グラッパ無しのエスプレッソ。不完全燃焼やあ~!!
100209s 018
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1319-7bf9262b

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!