FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

鮨禁断症状発症 -これを治すためにはココしか無い-

私自身は海外へ行っても日本食が恋しくなったりするわけではなく、どちらかといえばその国の味を楽しむのが好きなほうなんですが、お鮨だけは別。
これは別に海外であろうと無かろうと、猛烈にお鮨をつまみたくなる時が突然やってきたりするんです。

今回も、それは夕方に現れました。目を閉じれば鯛や平目の舞い踊り。こうなってはいても立ってもいられません。
祇園の”鮨 まつもと”へ行くしかないでしょうね。そう考えてみれば、まつもとさんへ行くのも久しぶり。例のミシュラン騒動の後はちょっと遠慮していたのです。

そこで、ちょっと遅がけからワインを抱えて駆け込んできました。そうして美味しいお鮨を堪能して、私の心も落ち着いて、、、
ああ、これで、またしばらくは頑張って生きていけるわあ。

◎この病気を抑えるにはこの暖簾をくぐるしかないのです。
100223s 001

◎まずは、ビールで心を落ち着かせてから、、、
100223s 004

◎いつもの笑顔に迎えられて、いつもの流れで”おまかせ”で、、、、
100223s 003

100223s 006

100223s 009

100223s 013

100223s 017

100223s 021

100223s 023

100223s 025

100223s 026

100223s 028

100223s 030

100223s 032

100223s 034

100223s 036

100223s 039

100223s 042

100223s 045

100223s 047

◎シャリを温かく保つ入れ物(なんて言うんだろう?)が新調されていました。きれいな文様です。
100223s 043

◎持ち込んだワインは、アンリ・クレールのビアンヴィニュ バタール・モンラッシェ1994。
 16年目のこの色を見てちょっと躊躇したのですが、味自体は私好みのお漬物系でよろしゅうございました。
100223s 011

◎日本酒もいつもの”まつもと”を冷酒で。
100223s 038

◎まだまだ満席の”鮨 まつもと”でした。
100223s 049

◎その後は多麻さんでます穂、弥須葉と合流してクープへ。
100223s 056

100223s 052

100223s 051

100223s 055

◎最後にはこんなワインまで飲んでしまって、、、ホントにもう、、、、
100223s 059

100223s 060
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1335-0c1109c2

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!