FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

シャルドネ ヴァンドペイ・ドック 2003

気分を変えて行きましょう、、、
今回のオリンピックの競技の中で、一番面白いと思ったのは「スノーボード・クロス」というものです。
4人の選手が一斉にスタートして順位を競うので、コース取りのテクニックで相手をブロックしたり、何よりも選手同士がぶつかっちゃうというハプニングがあって、どんでん返しが連発するのが見ている側からするとメチャクチャ面白いです。
日本の女子選手も、はるかに遅れてスタートしたのに、前の2選手がぶつかってこけちゃって繰り上げ入賞したり、ブッチギリで金メダル確実だったアメリカの選手が最後のジャンプで良いところを見せようとバカなことをやってこけちゃうし、いままでの競技ではないところが面白いですね。
つまり、「勝たなければ、、、」と思いつめて練習して腕を磨いても、どうしようもない「運命のいたずら」に勝敗が左右されると言うことで、思いつめても仕方が無い、勝っても負けても「ラッキー!」と言う言葉ですべてが終わってしまう潔さのようなものが、私にはかえって新鮮に映ります。
そこにはくやし涙も無ければ後悔の気持ちも無いんですから。案外、こんな勝負のつけ方って、あとあとの禍根を引きずらないので良いのかもしれませんね。でも、こればっかりだと、誰も真剣に練習しなくなるのかも?

今日は、ニュイ・サン・ジョルジュのネゴシアンがラングドック地方で作るという(ややこしい!)白ワインです。
この価格帯はひさしぶりです。どうやら去年の夏に、ビール代わりに買った物が残っていたみたい。それにしても、倉庫の管理をもうちょっとしっかりしなければこれから何が出てくるかわかりません。
色は薄い黄色。ノンフィルターということですが、充分クリアーです。香りは、やはり南仏の香りですね。柑橘系に南のフルーツが混じっています。でも、決して嫌味では無くバランスは取れていると思います。
飲んでみると、ちょっと酸が舌に刺さるんですけど、ミネラル感もあるし、グレープフルーツとピーチのニュアンスもあるので、確かに手を抜いているのではないことがわかります。ただ、奥行きはそんなに深くはないですけどね。しかめっ面をして味わうのではなく、軽く冷やしてサラッと飲むのが良いのではないでしょうか?(C)

生産者-ジョセフ・ロッシュ 
生産国-フランス
購入店-リカー・モリサワ
購入価格-830円
◎もう少し特徴がほしい外観です。ラベルを何とかしてほしい。
DSCF0849.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/135-efd08900

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!