FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

シャトー・オー・メイレ 1997

私が出張中に、子供が家の車を使ったのは良いのですが、室内灯を点けたままにしたために、一週間でバッテリーが完全放電してしまいました。
会社に行こうとドアを開けるリモコンを操作しても反応無し。いやな予感がしてドアをキーで開け、セルを回そうとしてもウンともスンとも言いません。
お手上げです。
仕方がないので、会員になっているJAFに電話をかけて救助を依頼しました。40分後に来てくれたレスキューの人は、「これは重症ですねえ。」
へぇ?? っと思って、「バッテリーを繋いでエンジンをかけたら良いんじゃあないの?」 と聞くと、「最近の車は、完全放電の状態でエンジンがかかると、コンピューターが早く充電しようとして高圧の電流を流すんですが、それがいろいろな回路に組み込まれているコンピューターを狂わせてしまう恐れがあるんです。」
 と、言うではありませんか。
そう言えば、いまどきの自動車は完全にコンピューターに制御されていますよね。高度に電化されている、、と、言うべきなのでしょうか。
「じゃあ、どうすれば良いのよ?」 と、聞くと、「まず、バッテリーをはずして、それだけをある程度まで充電します。そのあとで、エンジンをかければ問題ないはずです。でも、そのためには万一のときのために、同意書を書いてください。」
そんなに危険なことなのかなあ? 仕方がないので、同意書を書いて、サインもしました。
なんとかバッテリーが12ボルトを示すまで回復するまで待って、おもむろにエンジンをかけて一件落着。
時間がかかったなあ。まあ、会員なので無料だったので良いかあ。こんなときには会員でよかったなあ、、と、思いますね。
それにしても、今回思ったことは、電気が無くなったら、この社会自体が成り立たなくなるんじゃあないだろうか、、と言うことです。
冷蔵庫だけではなくて、コンピューターも「電気無ければ、ただの箱」ですもんね。
地震や台風などの災害にあったときに、いまのこの社会は弱いでしょうねえ。
特に、私なんかはネットに頼りきっていますから、一番最初に餓死するんじゃあないだろうか、、とさえ思います。

さて、災害が来る前に本日飲むワインは、クリュ・ブルジョワ級のボルドーワインです。ボルドーではワインの格付けが厳しくされていますが、特級や一級のワインは高価でなかなか手を出せません。その点、このクラスだと気が楽ですね。
97年と言う、あまり注目されないビンテージですが、瓶の底には結構のオリがたまっているようで、期待してしまいます。
色は、熟成の感じがする赤紫。色の割には粘性が弱いのが、クラスのとおりなのでしょうか?
香りはインク、干した杏、革靴。酸味はまろやかで、渋みがどっしりしていて、とてもよい熟成具合だと思います。
わたし的には、少なくとも5級クラスの味わいに感じてしまうんですけど。
重いソースの肉料理にも負けない強さがあります。ところで、このワインのようにオリのあるワインを飲むときに、そのオリはどうします?
私は気にせず飲んでしまいます。だって、これもワインの一部分ですもん。

生産者-オー・メイレ
生産国-フランス
購入店-ヴェリタス
購入価格-996円(5本セットで4980円)

20050429221238.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/14-52ac02f8

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!