まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ワインバー・ワイングロッサリー -外飲み続きの師走の夜です-

さすがに師走とは良く言ったもので、私もドタバタと出歩く日が多くなっています。
そのせいか、家飲みがほとんどできていません。こんな状態じゃあ、ゆっくり忘年会も楽しめそうもないですわ。

この日も、夕方から大阪で打ち合わせ。軽い食事はとったのですが頭の中はモヤモヤしたまま。
「何か物足りないなあ、、、バーへでも行くかあ。」と言う気分だったので四条烏丸で途中下車。
そして新町六角のワインバーへ。

事前の連絡で私の好みのワインを用意しておいてもらい、そのワインに合う一皿を味わう、、、と言ういつものパターンでこんがらがった仕事モードから開放されました。

しかも、ちょうどその日がFシェフの誕生日だと言うことが発覚した(と言うより、本人が言ってきた)のでシャンパンで乾杯。
誕生日が楽しいなんていう年齢からははるかに卒業したものの、飲めるきっかけになれば何でも良いや。

◎この灯りを頼りにトコトコと四条烏丸から北上。
 でも、もうひとつの看板の営業日の誤記はまだ直されていない、、、、
101211s 001

◎今宵の泡は”ペルトワ・モリゼ ブラン・ド・ブラン”
 とてもシャルドネ100㌫とは思えないユル~イ骨格。「これ、、フランチャコルタ?」と言いそうになりました。
101211s 005

◎アミューズは”聖護院かぶらのスープ、オリーブのパテ”
 あっさりしたスープだけど、もっと寒くなってきたら濃厚さも欲しいなあ。
101211s 006

◎Oソムリエが取り出したのは”シャトー・レヴァンジル79”最近の私は右岸づいています。
101211s 010

◎コルクの見た目は至極健全だったのであまりドラマは期待できなかったんだけれど、、、、
 Oソムリエのまじめな顔を始めて見た気がする、、、
101211s 008

◎きれいに抜栓できましたあ!! パチパチパチ、、、
 ソムリエに失礼やぞ!!
101211s 014

◎このワインにあわしてくれたお皿は”青首鴨のグリル、ポルトのソース”
 腿に胸にといろいろな部位が楽しめますね。
101211s 017

◎いつも感心するんだけど、ワインバーの貧弱な設備で良くここまでの見事な火入れができるものです。
 Fシェフに脱帽。
101211s 020

◎あまり良く知らない79年なんですが、このワインに限って言えばすでにピークは過ぎていました。
 パワフルな鴨の鉄分に押されっぱなし。

 ただ、メルロー主体の葡萄の甘さは残っていてサラサラと流れ落ちる様は岩清水のようにスムーズでした。
101211s 013

◎残念だったのはチーズのストックでハード系が欠品していたこと。
 こんなオランダものでお茶を濁さなければいけなかったことが唯一の残念賞でしょう。
101211s 026
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1539-2c04ced0

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad