まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

露庵・菊乃井 -定点観測地点で冬の京野菜のお勉強-

今夜も外飲み。(実は明日も、、、)冗談ではなく、ほんとに今年の師走は忙しいですわ。
このまま、アッと言う間に大晦日を迎えるんだろうなあ。

本日は、四条木屋町を下がってすぐの露庵・菊乃井へ。私の京料理の定点観測地点です。
春夏秋冬、四季の京都を表すお皿がたまらなく好きなんです。それに、その格式のわりには、ずっと気軽にワイワイと楽しめますからねえ。

この時期ですから食材は河豚に鴨。それに使われている京野菜は現物を見せてもらいながらの勉強会も同時進行しながらの懐石料理は、もはや何も言うこと無しのすばらしさ。
次に暖簾をくぐるのは春かなあ?? それまで待てないかもしれませんね。

◎四条通の喧騒からたった20メートルでこの静かさ。
 ビルの1階ではあるのですが、店内はまさに菊乃井ワールドです。
101211s 040

◎最初はやっぱり「とりあえず、、、」のビール。
 厚さ1ミリの重さをまったく感じないグラスでグビッとな。
101211s 041

◎先付
 汲み上げ湯葉 干しこのこ、海鼠腸添え。

 最初から「酒を飲め~!!」と言っているようなものです。
101211s 042

◎底に海鼠腸が沈んでいるので良くかき混ぜて、、、ホンマに酒が欲しい~!
101211s 044

◎なので、さっそくのお酒はいつもの”菊乃井純米酒”を冷酒で。
101211s 050

◎八寸
 こんな六種が箱の中に、、、
 サーモン椿寿司、辛子蓮根、鮟肝奈良漬、烏賊の沖漬け、鱈子落雁、菜種辛子あえ。
101211s 047

◎どれも酒を呼びますが、この鮟肝奈良漬が絶品。村田さんならではの実験的な味で癖になります。(家でやってみよっと)
101211s 052

◎向付
 河豚薄造り、皮湯引き。

 今年の初河豚です。噛み締めたときの甘さがすごく印象的。素材の力なんでしょう。
101211s 053

◎いつもの位置で河豚を盛り付ける丸山君。今日は外人さんがいないので自慢の英語が使えないねえ。
101211s 057

◎2種目
 こしび、辛味大根 
101211s 060

◎いつもの黄身醤油とは違ったお醤油をかけて。この大根のさっぱりした辛さがマグロの稚魚のこしびの脂を調和させています。
101211s 062

◎ここで辛味大根登場。信州のねずみ大根ではなく、京都の鷹ヶ峰辛子大根でした。おお!懐かしい。
 おろすと風で飛んでしまうくらい軽いと言われている京野菜です。
101211s 058

◎蓋物
 蕪蒸し。甘鯛、百合根、銀杏、生雲丹
101211s 066

◎甘鯛はやっぱり京都の食材ですね。京都以外では食べないもの。
 ああ、温まるわあ。
101211s 069

◎ここで聖護院蕪が登場。これは見慣れていますよ。千枚漬け好きやもん。
101211s 072

◎中猪口
 山椒のソルべ。

 ここで一旦口の中をリセットです。
101211s 074

◎お凌ぎ
 ゆず釜盛り。
101211s 075

◎ゆずの香りの中に牡蠣が隠れていました。これも冬の味やなあ。
101211s 077

◎2種目
 みぞれ酢
101211s 081

◎こちらには雲子が、、、
101211s 084

◎強肴
 鴨鍋。九条葱

 まさにこれが”鴨葱”です。ミラノの本部長様ですね。
 冬の鴨は脂が乗って美味しいし、この葱の甘さと合うんですよねえ。黄金のバッテリーですわ。
101211s 087

◎ここで九条葱が登場。あれっ?九条葱ってこんなに太かったっけ?
 知らなかったなあ。
101211s 089

◎こんなお釜が出てきたら、、、
101211s 091

◎御飯
 いくら御飯。
101211s 092

◎あくまでも京風のやさしい味です。
101211s 093

◎京都の漬物の味を引き立てるためなんでしょうね。この漬物は主役になれます。
101211s 097

◎止椀
 金時人参すり流し。

 振りかけられた七味の香りで桃源郷から引き戻された感じ。良い意味での止椀ですね。
101211s 096

◎水物
 生姜飴アイス、焼きりんご。

 すべて完食。ああ、美味しかった、満腹です。
 でも、明日は”菊乃井 本店”が待っているんだよなあ。 ああ、辛い、、嬉しい、、
101211s 099
スポンサーサイト

コメント

ご無沙汰しております。

随分寒くなりました。すっかりご無沙汰しております。
いいですねぇ~、「菊乃井」さん!
いつ見ても、私好みです♪

宇宙人さん、、、マイドです。 ご無沙汰しています。

今回は京都の菊乃井二店に連続で行きましたが、そのコンセプトがはっきりと分けられているのが良くわかりました。

どちらもその立場でグレードがすごく高いので、使い分ければ良いですね。
私にとっては、露庵の回数が多くなるのは仕方が無いですけど、、、

本店も捨てがたい、、、問題は誰と一緒に行くのかですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1540-91961fe2

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad