まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

明けましておめでとうございます -今年はスタートから厳しそうです-

皆様、明けましておめでとうございます。
今年もあまり代わり映えのしないブログですが、どうぞよろしくお願いいたします。

それにしても、大晦日はちょっと焦りました。
だって、あんなに急に大雪が降るんですから、、、、

おかげで年越し用の食材を満足に買えなかったし、なんとか予約しておいた晦日そばを”みな川”に取りに行くだけで精一杯。
早々に自宅に引きこもり、年越し用に用意していたシャンパンの栓を抜いてしまいました。

まあそんなに気にしなくても、スーパーは元旦から開いていますから昔のように大量に買い貯めをする必要も無いんですけどね。
でも、あの年末のそわそわした雰囲気って独特なんですよねえ。ついつい要らない物まで買ってしまいますから、、、、

◎雪が降り出したのでびっくりしているうちに、見る見る積もって外は一気にモノトーンの世界に。
 それはそれで綺麗ではあるんだけど、用事ができないじゃない!?
110101s 012

今日のワインは、年越しのためのシャンパンです。ジャクソンのグラン・クリュ”アヴィズ2000”。

実は、このボトルはもらいもの。ある人のお子さん誕生祝いの返礼としていただいたものです。
でも、さすがにその道のプロだけのことはあるなあ。非常に渋いセレクトだと思います。Oさん、とってもアリガトウ。

私自身はジャクソンはあまり飲んだことは無いのですが、歴史のあるメゾンであることは知っています。
あのクリュッグの創設者も、一時期はここで修行をしたんだとか。

その中でもグラン・クリュはやっぱり別格なんだろうなあ。これは期待するなと言う方が無理ですわ。

朝から飲むシャンパンは”アサシャン”ですけど、昼から飲むシャンパンは”ヒルシャン”かな?
まあ、ばあちゃんの御節をつまみながら”年越しのセレモニー”開幕です。

色は、それほど強くない黄色。勢いは強くは無いですが、小さな泡がひっきりなしに出てきます。
香りは、トーストされたパンそのもの。ちょっとクリームのような甘さも出てきます。
飲んでみると、香りから来る甘いイメージは無く、極めてシャープな酸が口元をピシッと引き締めます。
ドサージュはされているそうですが、味の印象からはまったくそれを感じません。
シャルドネ100㌫のブラン・ド・ブランの典型的な味だと言うべきでしょうか?

フムフム、コレは年越しにかなり厳しいシャンパンを選んでしまいましたなあ。
まるで「去年一年を良く反省して、新しい年からはしっかりやれよな!!」と言われているみたい。

「一年の計は元旦にあり。」と言いますが、まさにぴったりの内容でございました。

◎ばあちゃんの御節とシャンパンはすごく良く合います。特に、このアヴィズの剃刀のような切れ味は最適では無いでしょうか?
110101s 003
スポンサーサイト

コメント

憧れです、この1本は!
羨ましい、センスのいいご友人がいるのが(笑)!

マドモアゼルさん、、、マイドです。
明けましておめでとうございます。

自分が選んだわけではないワインって、ある意味で気軽に飲めるんですが同時に新しい発見ができるときがありますね。

このシャンパンも未経験だったわけですが、私のイメージではクリュッグNVに重なるところがありました。

今年もどんなワインに出会えるのか?? 楽しみです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1549-57ee7c42

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad