まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

新ばし しみづ -江戸前鮨の真骨頂-

新橋に泊まる理由は居酒屋めぐりが楽しいのはもちろんですが、もうひとつはずせないのはこのお店を訪れたいからでもあります。
”新ばし しみづ”は祇園の★★なお鮨屋さん”鮨 まつもと”のご主人が修行したという名店です。

お昼の時間の最後ギリギリに駆け込んだのですが、かなり無理をして都内を走り回ってなんとか時間を作ったんです。
ホテルでの朝食バイキングがあんなに少しだったのも全てこのため。(食べ放題を我慢する辛さってわかります??)

それに、前回訪れた時に次回の写真撮影の許可を取っておいたので、今回は皆さんにも綺麗なお鮨を見ていただけるのがうれしいですね。
ただし、これはあくまでも例外中の例外。普通は断られると思ってください。私の”もみ手攻撃”が一回限りの”例外”を呼んだのだと思います。

「最近は関西に来てますか?」
「いやあ、向かいにある古い店をバーにする仕事があったからねえ。」

よ~し、次回はそのバーに突入するぞう。

ご主人は丸刈り、目がぎょろりとしていて一見怖そうなのですが、バスフィッシングが大好きでその情報交換に関してはすごくオープン。
私もバスに関しては30年以上のキャリアがありますから、最近の琵琶湖のコンディションや最近流行しているタックルの話なんかをして盛り上がりました。

さて、肝心のお鮨ですが「ああ、これこそが江戸前のお鮨だわ。」と再認識させられるすばらしさ。
鮨飯の赤酢の利かせ方、口に入れるとハラリと崩れる絶妙の握る硬さ、その鮨飯の温度、、、
ネタの新鮮さ、ネタに付された仕事の細やかさ、、、何気なく見える所作から出てくるお鮨には一点の隙もありません。

私は関西人ですから関西の味が一番だと思っているのですが、お鮨に限って言えば”江戸前の仕事ぶり”が圧倒的に好きですね。
正直言って、関西風のお鮨を食べたいと思わなくなりましたから。

ああ、すばらしい作品(と言っても良いでしょう?)をいただきました。無理をしてでも来た甲斐がありました。
ところが、良く考えてみればなかなか来ることができない東京の新橋ですが、京都にも立派なお弟子さんのお店があるんだわ。

しばらく祇園のまつもとさんにも行けていないのですが、やっぱりあそこも定点観測地点として登録しておかなくてはいけませんねえ。
この点は大きく反省します。

◎新橋の烏森神社参道脇にあるお店。
110114s 065

◎お昼はこんな価格で。これって絶対にお得ですよ。
110114s 067

◎う~ん、好きな物を選んでも良かったのですが時間がないと言うことで”おまかせ”をお願いしました。
 ビールを飲んで待つまでもなく、、、
110114s 036

◎13貫の握りと途中でハマグリのおすまし。そのどれもに思わず唸ってしまいます。
 途中でぬる燗のお酒を二合ほど、、、、
110114s 037

110114s 038

110114s 039

110114s 040

110114s 041

110114s 042

110114s 043

110114s 044

110114s 047

110114s 049

110114s 050

110114s 051

110114s 053

110114s 056

110114s 055

110114s 058

◎お客さんの相手をする以外は一切の無駄口をたたかないご主人。
 けっこう空気は張り詰めています。
110114s 046

◎女性のお弟子さんがちょうど穴子の仕込み中。きれいにお鍋に敷き詰めるんですねえ。
 仕事はどれもこんなに丁寧です。
110114s 059

◎壁にかけられたネタ札には見慣れない名前も、、、
110114s 064

◎関西ではめったに食べれない”あおやぎと”小柱”を追加でお願いしました。
 これはコリコリとして美味いがなあ!!
110114s 060

110114s 063

◎大々満足でお店をあとにしました。
 今度は絶対にまつもとさんに行くぞう!!
110114s 066
スポンサーサイト

コメント

いやーーうまそう

 ただ、正直、このようなお店にいったら(行ったことないので)
 ただただ 緊張して 満腹になってしまいそうです。

kan23さん、、、マイドです。

正直に言って、最初にお店に行ったときには緊張しましたよ。
それでも、京都の”鮨まつもと”のご主人の紹介だということを言って少しは柔らかくなったくらいでした。

もう何回も通っている今では遠慮なんかしませんけどね。
写真撮っているときも「そんなことをする暇があったら早く食え!」と顔に書いてありました。

でも、初めての人はビビルだろうなあ。目の前のご主人はまるで”西郷さん”ですからね。
ヘヘヘ、、、

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1565-1c2272b3

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad