まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

アルテミア 2004 -地理的にもワインを飲むと味わいは2倍に-

ワインの味わいを決める重要な要素に土地と気候があります。
その土地が地球上のどこにあって、どのような構成になっているのか?そしてその土地を覆う気候はどうなのか?

もちろん、一番良く知るためには現地へ行ってみることですよね。自分の肌で、目で、口で感じた印象が唯一無二のものだからです。
でも、もっと細かく言えば、その場所に12ヶ月留まっていなくてはその全てを体験できません。もっと言えば、実際に長靴を履いて畑に入らなければ、、、

そんなことができる人はほんの一握りだし、それを世界中のブドウ畑でできる人なんて、たぶんどこにもいないでしょう。
少なくとも私にはとっても無理、できることは歴史書や旅行記を読んで想像をたくましくすることくらいのものです。

今回手に入れたのは”フランスワイン テロワールアトラス”と言う地図なんですが、フランスに限定されるもののワイン産地の情報が地図を中心に細かく記載されているものです。

これは楽しいですね。特に冬の寒い夜にフランスワインを飲みながら、そのワイン産地の項目を読むときの楽しさと言ったらもう、、、、

今まではそれほど気にしていなかったような細かな畑の位置関係などが詳しく分かるのですが、案外誤解して覚えていることも多く、その度に学習のやり直しをすることになります。
勝手な思い込みは禁物だと思い知らされもします。

これでフランスのワイン産地はほとんどカバーできるんだけど、同じようなものがイタリア、アメリカ、南米、オーストラリア、スペインで欲しいなあ。
一冊が1万7千円もする高価な本ではありますが、それくらいの投資は勉強のためには厭いませんけど、、、無いんでしょうか?

◎かなりの大判の冊子です。重さも充分。
110204 001

◎今日のワインのページはこんな感じで、、、アカデミックにお勉強できますわ。
110204 003

今日のワインは、コート・デュ・ローヌの赤ワインです。

シャトー・ペスキエはカーヴ・ド・リラックスの扱いワインの中でもトップクラスだそうですが、今回のワインはその作り手のトップキュベ。
なにしろ4500円もします。スタンダードクラスのペスキエの5本分ですよ。

お店でその値札を見たときにはさすがに躊躇したのですが、手に取ってみてその重さに納得。
今までの経験から瓶が重いワインは大概美味しいんですよねえ、、、我慢できずにお買い上げでございます。

葡萄品種はグルナッシュとシラーがちょうど半分ずつ。50年以上の古木で手摘みで生産本数は400ケースのみ。。
この2004年が最初のビンテージと言うことで、かなりドメーヌも力が入っているように感じます。

さてさて、そんな肩の力を抜いて、もっと気軽にワインの栓を抜いてみましょう。
ローヌのワインは久しぶりでもありますから期待は大きいんですけど、、、

色は、黒が強いルビー。澱は見られないのですが、中心部はかなり深そうに見えます。濃いんだろうなあ。

香りは、黒系ベリーの甘さと生姜の刺激が同時に鼻から入ってきます。まさに葡萄品種の特徴そのもの。
少し冷え気味だったのでグラスを手のひらで包み込んで温めてやると、カルーアのようなコーヒーリキュールが顔を出してきますねえ。

飲んでみると、7年経ってもまだまだ果実の力は衰えていませんね。いまだに甘~い葡萄を齧っているような気持ちになりますから。
アルコール度数は15.5度と言うことですからかなりのヘビーさ。でも、飲みにくいところはまったくなくて本来はもっと強かったであろうタンニンも柔らかくなってきています。
ただ、これ以上の熟成は無用かなあ?酸が弱いので、あるところから一気にパワーダウンするような予感がします。

ローヌの中でも南に位置するヴァントゥーのワインです。やはり果実を強く感じるフルーティーさが特徴です。それを高い次元でワインに作り上げているところがこの作り手のトップキュベの所以なんでしょうね。
さすがに一本を飲みきる前に口の中がシワシワになってしまいましたが、お肉系の料理(特に焼肉)にはすごく良く合うと思います。これも、もう何本か買っておこうかなあ?(C)

生産者-シャトー・ペスキエ 
生産国-フランス
購入店-カーヴ・ド・リラックス
購入価格-4500円

◎「おっ、重い!!」思わず声が出る重量感。
 エチケットも最近のスペインぽくってアートしてますねえ。
110201s 039
スポンサーサイト

コメント

こんにちは

管理人様、こんにちは

テロワール・アトラスは重いので取り扱いにご注意下さい。

ばるさみこを使い切りましたので瓶詰めが完了していましたら2本(私・ガーニッシュ様分)お願いします。

ガーニッシュ様のオーナーは髄膜炎の為、1ヶ月入院でした。

鮨まつもとの奥様のブログをご存じでしょうか?
1月23日のワイン会の模様をブログに載せて頂いたのですが・・・

うめのはなさん、、、マイドです。

バルサミコはもう少しお待ちください。
でも、髄膜炎って、、、けっこう辛そうですねえ。

スゴイタイミングでまつもとの話題を出していただきました。
私はそのブログを知らないのでURLを教えてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1574-f4aef293

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad