まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

鮨 まつもと -江戸前鮨と熟成ブルゴーニュ-

新年早々、新橋の”しみず”で久しぶりに本物の”江戸前”に再会。
次はやっぱり祇園の”鮨 まつもと”へ行かなくっちゃあ。

べつに、師匠と弟子の鮨の食べ比べをしようなんて思っているわけではありません。マスプロじゃあないですからそれぞれの味は違っていて当たり前。
”良い、悪い”ではなくて”こんな色、あんな色”なんですよね。

それにもうひとつ。江戸前鮨で熟成ブルゴーニュを飲んでみたかったんです。
シャンパンや酸のキリッとした白ワインは和食には良い相性なのは良く知られていますけど、私は江戸前の仕事ぶりには古いブルゴーニュの赤ワインが良いんじゃあないかと思っていたんですよ。

そんなことで、この週末に祇園のまつもとさんに突入。持参したニュイ・サンを試してみたのですが、私の予感は大的中!!
どんなお鮨にもピッタシ。もう言うことないくらいのデキに大満足でございました。ピノ・ノワール万歳!!

また、赤酢が利いた鮨飯ですが、新橋のしみずほど押しが強くないところが”まつもと流”なんでしょうね。
ご主人の性格にも似た”柔らかさ”がより感じられるようになってきています。

◎いつもの控えめなお店の外観。
110205s 003

◎まずはお決まりの、、、
110205s 006

◎にぎりの前に何皿かのつまみを、、、ああ、こいつらが酒を呼ぶわ。
110205s 007

110205s 015

110205s 018

◎さっそく私のワインを出してもらいます。
 ジャン・グリヴォのニュイ・サン・ジョルジュ1級 レ・ブドー1989

 最初の2杯くらいまでは閉じていたのですが、その後はドンドン甘みが出てきて絶好調に。
 22年の熟成で、酸はあくまでも丸くなっていますが醤油とのコンビネーションは抜群です。

 レ・ブドーの畑はニュイの中でも北の端。ヴォーヌ・ロマネのお隣です。←さっそく例の本で勉強してます。
110205s 013

◎しみずのご主人が無駄口を一切しゃべらないことを言ったら、江戸前の職人はそれが当たり前なんだそうです。
 松本さんもそう言えばそうだなあ。でも、当たりはよっぽどソフトですけど、、、
110205s 041

◎あの鮨飯を収めている籠。だんだん色は黄色くなってきています。
 もう作ってくれるところが無いそうでいまや貴重品。これも芸術作品ですね。
110205s 042

◎おまかせのにぎりはこんな流れで、、、
 仕事の確かさは全てのにぎりに現れています。
110205s 022

110205s 025

110205s 027

110205s 029

110205s 030

110205s 032

110205s 034

110205s 037

110205s 039

110205s 044

110205s 046

110205s 048

◎お店は遅くまでずっと満席。さすがはミシュラン★★ですなあ。
110205s 051
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1575-8ed5ddc6

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad