FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

中国最新事情 -南京観光スポットその1 中山陵-

仕事も予定通り終了し「さて杭州に帰るか、、」と思ったものの帰りの新幹線にはまだ時間があります。
そこで、手近な観光地を巡ってみることにしました。

最初は孫文が眠る中山陵へ。
孫文が死んだのは北京なのですが、彼が辛亥革命によって打ち立てた中華民国の首都は南京だし、当時の北京は荒れ果てていたと言うこともあって南京郊外の山を陵墓として安置されたと聞きます。

この”中山”ですが、孫文の愛称なんですが、彼がこの名前を日本に亡命している時につけたと言われています。そういえば、中国のどこの町に行っても必ず”中山路”が存在しますね。
現在の中華人民共和国では、孫文を”国父”として扱っています。同時に、台湾政府も同じ扱いですが全く体制が違うこの2国から同じように国父として見られているのを天国で見ている本人はどう思っているんでしょうかねえ?

さて、この中山陵ですがさすがの広さでした。風水を元に建てられたそうですが、けっこうな山登りでもあります。今の時期だから良かったけれど、これが夏だったらへばっちゃうだろうなあ。

◎車を降りてしばらく歩くと、、、
110307s 016

◎こんな看板が現れます。日本語も書かれていますね。
110307s 019

◎その先には人の波。みんなが見ているのはこれから上る中山陵の全景です。
110307s 020

◎この門からスタートですね。
110307s 022

◎赤い帽子の集団と一緒に移動。はるかかなたに建物が見えますが、、、
110307s 024

◎その建物の向こうに見えるのがお墓なのかな?まあ、それほど遠くでもないな。
110307s 026

◎程なく最初の建物に到着。どうやらこれも門のようです。
110307s 027

◎その先の建物の中には、、石板が見えます。
110307s 029

◎「中国国民はこの地に孫先生を葬る。」と言うようなことが書かれています。
 これはお墓じゃあないな。
110307s 031

◎石板の裏の戸口からその先を見ると、、、あれがお墓かあ。
110307s 033

◎かなりの傾斜を上ってようやく到着です。後ろを振り返ってみると、、、
 「やはりかなりの高さを登って来たなあ。」
110307s 037

◎お墓には孫文が唱えた三民主義の「民族主義、民権主義、民生主義」の文字が書かれています。
110307s 039

◎建物の中央には孫文の石像が、、穏やかな顔をしているなあ。
110307s 040

◎天井の絵は”青天白日”今の台湾の国旗と同じデザインです。もともとは中華民国の海軍旗のものだったそうです。
110307s 042
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1595-0cb342aa

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!