FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 2002

いやあ、やっぱりゴールデンウィークはすごいですね。確かに、京都市内はそれほどでもないんですが、その代わりに郊外がすごいです。
実は、滋賀県で友人とゴルフをする事になっていたんですが、余裕を持って家を出たにも関わらず、高速道路の入り口にもたどり着けません。
「こりゃあ、今日はアカンわ。」と、あきらめ気分だったのですが、友人の一人が京都のゴルフ場に電話をかけて、無理矢理プレーの予約を入れてくれました。
滋賀県の方は、これまた携帯からキャンセルの電話をかけ、大急ぎでユーターン。なんとかプレーをすることが出来ました。
それにしても、天気が良くて最高でした。あとはスコアがもう少しよければ言うこと無いんですけど、、、、
ゴルフ場の隣には自衛隊の演習場があるんですが、演習をしているんでしょうね。機関銃や大砲の音がドンドンと聞こえていましたから。
こちらは平和ボケをしながらゴルフ。林の向こうではいつイラクやその他の危険地帯へ行くか判らない緊張感の中で戦闘演習。
ものすごいギャップですね。

今日のワインはブルゴーニュのピノ・ノワール、ACブルゴーニュです。
色はきれいに透き通った赤色。若いピノ・ノワールの色ですが、このワインは特に明るいです。ボジョレーと見間違いそうになりますね。
でも、違いは香りです。はるかに複雑な、獣肉臭、フランボワーズ、イチゴ。それに、このワインで特に強く感じるのですが、ウイスキーのような樽の香りです。まさか、新樽なんて使っていないと思うんですが、、、
味わいは、酸味と渋みのバランスがよいですね。確かに、ピノ・ノワールの強い酸味は感じますが、うまく周りと調和が取れているように思います。
ただ、実はこの印象は抜栓後三日目のものです。ショップからの紹介文では「36時間以上、カゴに寝かせて放置してください」と、書いてあります。
私は、この助言を守りましたが、それもたまたまです。他に飲むワインがあったからですが、もしそれが無ければ、ちょっと困ったでしょうね。
だいたい、飲むことを3日も待たせるようなワインってどうなんでしょう? 良いんでしょうか? ヴィンテージが2002年ですから、早いと言えば早いんですけど、、、、、

生産者-ミッシェル・ノエラ
生産国-フランス
購入店-ヴェリタス
購入価格-1425円(7本セットで9800円)

20050504100402.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/16-6b1e3aac

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!