まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ワインバー アフィナージュ -我が家から一番近いワインバー-

これだけ歳を重ねると、この暑さが身体に辛くて辛くて家飲みでワインの栓を抜こうなんて気にはまったくなりません。

一応7月から続いているスペインワインシリーズのボトルはまだ3本もスタンバッているんですが、エアコンも回っていない室内で、汗を拭き吹き濃~い赤ワインなんて、、、
食指が動くはずがありませんわねえ。

そんなときには家を飛び出て外飲みへ出かけるのが一番。
お盆の日曜日で、夜遅くまで開いていて、歩いていけるところ、、、アフィナージュですわ。

アフィナージュはこの春にオープンした新店。
オーナーソムリエはクープに勤めていた小嶋さんで、晴れて一国一城の主となられたわけです。

お店の雰囲気は以前のクープとさほど変わらず。ただ、店内を流れる音楽の趣味が変わったことと、カウンターが少し低くなったかなあ?
小嶋さんの奥様もサポートでカウンターの中におられるのでコンビネーションは抜群に良いですし、、、

「ちょっと飲み足りないなあ。」なんて思ったときに非常に重宝するお店です。
ここからでも、家に帰るのは這ってでもOKですから。←これ重要です。

◎祇園花見小路を少し北へ上がったビルの1階です。
110814ss 027

◎最初の泡はジャクソンのキュベ734。
 ちょうど栓を抜いてもらったばかりだったので最初は落ち着かず。しばらくすると果実味が出てきました。
110814ss 007

◎ちょっとひねったアミューズをサッと出してくるところが小嶋スタイル。
110814ss 008

◎白ワインは私がめったに飲まない国産物。シャトー酒折ワイナリーの甲州ドライ2009を。
 キューピーさん人形を舐めているようなセルロイドの香り。昔を懐かしがるには良いけれど、飲んで楽しいもんじゃあないなあ。
 でも、アミューズやあとで頼んだキッシュと食べ合わせると悪くないんですよ。
 国産ワインは食中酒ですねえ。
110814ss 014

◎テーブルにあったので気になっていたキッシュを頼んでみました。大黒本シメジと言うきのこが乗っていたのですが、これが美味しかった。
 「イタリアのポルチーニ?」と聞いてしまったくらいです。
110814ss 020

◎赤ワインはロエロのネッビオーロを。実は、今週末のワイン会はネッビオーロ特集の予定なのでその勉強のつもりだったんですけど、、、
 さすがに2008ではパワフルすぎました。破裂寸前の風船のようなイメージ。
 でも、このライオンの絵のエチケット、、、素敵ですねえ。
110814ss 024

◎今回は画像処理をまったくしませんでしたが、この暗さがこのお店のイメージなのでね。
 それと、やはりこのお店の最大の特徴は小嶋さんのキャラクターでしょうね。
 あくまでも物腰は柔らかく、お客に気持ちよくお酒を飲んでもらおうとの意識がプロですねえ。
110814ss 017
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1690-dd6fb10c

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad