まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ワインバー ワイン・グロッサリー -日本はそろそろ秋の装い?-

紀州に大雨をもたらした台風ですが、同時に秋も連れて来たようで、ばあちゃんの庭では秋の虫の大合唱が始まりました。
いまだに日中は厳しい日差しが降り注いでいますが、確実に季節は変わってきていますね。

そんな虫たちに誘い出されたわけではないのですが、夜も更けてからふらりと外出。
行く先は、新町六角のワインバー。

よく考えてみれば二ヶ月以上もご無沙汰です。バーの皆さんはお元気におられるのでしょうか?

結構にぎわっているカウンターの一番隅の席に縮こまりながら、いつもどおりのご挨拶を交わしていたのですが、聞くところによるとFシェフが祇園のお店に移られるのだとか。
まあ、どちらのお店にも顔を出している私から言わせると「どっちでも一緒やがな。」なんですが、Fシェフはこの機会に何か新しい企てがあるようで、、、

詳細はここでは話をすることはできないのですが、事の次第は、Fシェフが移られてから、現地レポートの形でお知らせすることにいたしましょう。

◎一時期あったヘンにケバい看板(しかも内容が間違っている)も無くなって、この灯りだけがポツンと見えます。
 こっちの方がよいね。
110916ss 001

◎いつものルーティンで泡から。 ギィ・ラルマンディエのクラマンです。
 シャルドネ100㌫の割には尖ったところも見えず。むしろフルーティ。
110916ss 005

◎いつものアミューズ。タプナードが美味いね。
110916ss 009

◎少し喉が渇いていたので白ワイン。ケンライトセラーズのピノ・ブラン。
 特徴が無いのが特徴か?
110916ss 011

◎Oソムリエがやにわに栓を抜き始めたのは私のワインなの?
 後ろからFシェフが「失敗しろ!!」と邪悪なパワーを送っているの図。
110916ss 012

◎まったく事件も起きず、あっさりと抜栓終了。シャトー デュクリュ・ボーカイユ1979
 「サン・ジュリアンの特徴は?」
 「きのこです。」そういったのはOソムリエだったっけ?
110916ss 021

◎このワインに合わせて出されたのはうずら。ソースにオレンジ風味のオリーブオイルを使っているのが良いアクセントですね。
110916ss 018

◎もちろん、手づかみでむしゃむしゃと行きましたとも。
110916ss 019

◎このバーで出会う確率が高いシャトーです。びっくりするところは無い代わりに、失望させられることも無いのが良い点ですね。
110916ss 025
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1715-c2102404

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad