FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

クープ・ド・ワイングロッサリー -メンバーチェンジでどうなった?-

シェフの入れ替えで、今は福村シェフがクープの担当になったということなのでさっそく訪問してみました。
まあ、そもそも福村シェフはクープを立ち上げた張本人なので「古巣に戻った」と言うことになるのかなあ、、、

よく考えてみれば、お店の体制が換わったとは言っても私自身が心を入れ替えるわけではないのでやることは同じこと。
私の注文パターンを福村シェフはよく把握してくれているので、鈴池ソムリエにもお店のストックの中の古酒を探してもらいましょう。

何本かの候補の中から私が選んだのは”ムルソーの赤”なかなか見ることの無いジャンルですね。
やはり「ソムリエの好みで、出てくるワインが変わる」ということが良く分かりました。

1976年という35年前のワインですが、抜栓直後は印象が薄く「こりゃあ、かなりの堅物やなあ。」なんて思っていたのですが、しばらくすると甘い香りが出始めてようやく微笑んでくれました。
う~ん、ブルゴーニュの古酒もなかなかの役者やのう。

ワインの味を確かめてから福村シェフが用意してくれたのは”ビーフの煮込み”
この人の煮込み料理にハズレはありませんからなあ。当夜のワインとのバランスで考えると、ちょっと重たすぎたけど、、、

よし!! 次回は六角のワインバーに行ってあちらのメンバーチェンジでどこがどうなったのかを確認しましょう。
フフフ、、、コルクが抜けないようなワインはないじゃろか??? Oソムリエを苛めたいわあ。

◎クープといえばこの”赤”のイメージ。本来は、赤と言えば興奮を表すものなのですが、ここではしっとりと落ち着いているところが面白いですね。
110923ss 019

◎アミューズは福村カラー。
110923ss 005

◎最初の泡は”ヴーブ・クリコ ヴィンテージ・ロゼ1985”
 かすかにピンクだけど見た目はそうケバくない。でも、飲み口はかなりの重さになってますね。さすがにヴィンテージだわ。
110923ss 003

◎メインのワインは”ムルソー 1976 コシュ・ビズアール”
 ラベルの新しさから見て、近年の蔵出し物かな?
110923ss 009

◎コルクの状態からしてもそうでしょう。これではドラマは生まれない、、、
110923ss 011

◎ワインカラーはこんな。はかなく見える透明感。閉じている最初の印象は「ああ、もはや水か、、」だったんですが、その後の華の開き方は見事。
 最後のドリップまで充分楽しませていただきました。
110923ss 018

◎福村シェフの十八番の煮込み。
110923ss 014

◎ホロホロと崩れるまで煮込まれたお肉は美味しいけれど、ワインよりも目立ちすぎだよなあ。
110923ss 017
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1722-fc507725

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!