まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

鮨 まつもと -新年の祇園始め-

今週に入って、ようやく祇園の花街も仕事始め。
私も新年のご挨拶参りをしてきました。

まず伺うのは”鮨 まつもと”
今年も美味しい江戸前のお鮨をお願いいたしました。

次は、お茶屋の”多麻”
今月末は舞妓のつる葉の襟換えが控えています。

そして締めにはやっぱり”バー・クーゲル”
西田さん、大石君には今年も美味しいシャンパンとカクテルで楽しませていただきましょう。

これで、「今年もようやく本当のスタートが切れた。」と言うところでしょうか。

◎いつもの灯り。心をウキウキさせてくれる灯りです。
120112ss 002

◎まずはビールから。
120112ss 007

◎つき出しは白魚と畑菜
120112ss 009

◎まつもとさんが大きなおろし金で山葵を擂り始めます。
 非常に肌理の細かなネットリとした山葵になるんですよ。
120112ss 010

◎つまみは、たこ、ぐぢ、赤貝
120112ss 015

◎琵琶鱒の瞬間スモーク、熟成鰤
120112ss 025

◎鮟鱇肝
120112ss 035

◎そのどれもで、この山葵が大活躍。
120112ss 017

◎本日持ち込んだワインは、ヴォトピヴェッチのヴィトフスカ2006。
 クーゲルでお知り合いになった市内のワインショップ”エーテルヴァイン”の江上さんに勧められて購入したものです。

 私が「へんなワインが好きです。」と言ったものだから、、、
120112ss 020

◎白ワインなのに果皮浸漬抽出、アンフォラ熟成。
 「なんじゃあ!?この色は!」

 でも、栓を抜いてしばらくはかなりの閉じこもり。お鮨を摘まむころになってようやく片目が開いた状態に。
 このお店の酢の利いた鮨飯には良く合っていました。
120112ss 018

◎ここからは怒涛の握り13連発。
120112ss 036

120112ss 037

120112ss 039

120112ss 040

120112ss 041

120112ss 043

120112ss 045

120112ss 047

120112ss 049

120112ss 051

120112ss 055

120112ss 056

120112ss 059

◎もう少し飲みたい心境だったので燗したお酒と、、、
120112ss 060

◎蟹の内子や生かずのこを、、、ああ、酒が進むわあ、、、
 やっぱり、ここまで魚臭いと日本酒が最高の相手ですね。
120112ss 061

◎最後には赤だしもお願いして、、、
120112ss 068

◎う~ん、大満足やあ!!ご馳走様でした!!
120112ss 063

◎夜も更けてからはクーゲルでつる葉と舞妓姿での最後(多分)のデート。
 なにやら作ってくれると言うことで、、、
120112ss 071

◎こんなものを。財布に入れてお守りにします。
120112ss 074
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。

祇園の花街には大切に受け継がれた文化がたくさんあるんですね。

ステキな夜をお過ごしになれたようでうらやましい限りです。




ナナさん、、、マイドです。

祇園はやっぱり祇園です。
脈々と守り育てられた文化がしっかりと息づいています。

それに触れると、京都の魅力はますます大きくなると思いますよ。
京都におこしやす。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1795-c68e17f4

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad