まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

アフィナージュ -コンデジ、試し撮り-

アマゾンからカメラが届くと、もう我慢できません。さっそく、我が家から一番近いバー・アフィナージュへ。

ピントや画質についてはこれからおいおい慣れていくとして、一番気になるのが暗めの店内での色調の調整。
もう、出してもらったワインの味わいなどは横において、ホワイトバランスやボケの入り具合などのテスト撮りで大忙し。

それにしても、デジカメって面白いですねえ。会社のカラーというのか、設計者の思想というのか、、、
デジタルのパートとアナログ(撮影者の好み)のパートの住み分けがカメラごとにハッキリと違います。

例えば、以前のサイバーショットでは”プレミアムオート”と言うカメラにお任せの機能がすごく秀逸だったのに、今回のパワーショットでは”プログラムオート”や”マニュアル”などで、撮り手の意思を生かしたほうが面白く撮れます。

まだまだ勉強が必要ですが、これからは”見たまま”ではなくて”感じたまま”を表現できる写真を目指して精進したいと思います。
できるやろか????

◎いつものアフィナージュなんですが、、、ちょっと明るすぎるかなあ?
 実際は、こんなに健全な雰囲気のバーじゃあないです。もっと深海に近いイメージなんですよ。
120408c 151

◎確かに、ホワイトバランスが少し難しそうです。このお皿の白なんてトンじゃってます。
 でも、この距離での背景のボケ具合はなかなか好みですね。
120408c 142

◎当日飲んだワインを何品か、、、
 お店のイメージに近づけるために少し暗めに撮ってみました。
 エチケットの文字の浮き出方が、少しサイバーショットとは違うように思うのですが、、、

 ちなみに、ワインで一番印象が良かったのはニュイ・サンの1級。
 赤いベリー系。 酸も綺麗で、小柄ですがまとまりの良さがありました。
120408c 139

120408c 146

120408c 148

120408c 153

120408c 155
スポンサーサイト

コメント

まえピンで後ろがこれだけボケるのは1眼レフなみですね。それにしてもまだ少し明るいように見えます。

柿田川さん、、、マイドです。

ソニーのカメラは1cmまでの接写ができたのですが、このキャノンは5cmまで。
ですから、少し離れて望遠モードでクローズアップ撮影をしています。

そのために、ボケが強く出るのだと思います。その良し悪しは様々だとは思いますけれど、、、

ホワイトバランスは難しいです。現在は、まだ加工ソフトで修正を加えていませんが、最後の手段として、ちょっといじるかもわかりません。
でも、、、全体的に白っぽいですよねえ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1862-cb61f6ef

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad