FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

團菊祭五月大歌舞伎 -藤十郎の若さと團十郎の女形-

東京歌舞伎座の建て替えの関係で、関西で公演されている團菊祭ですが、もしかしたら、今年が最後になるかも?
来年には、新歌舞伎座が完成しそうなんです。

歌舞伎ファン(どっちかと言えば、團十郎ファン)の私としては、このまま、團菊祭は大阪松竹座で続けてもらいたいなあ。
松竹さん、どうぞ、このままの存続をオネガイいたします。

さて、そんな危機感を持って駆けつけた團菊祭ですが、演目、役どころが、いつも変わって、全く見飽きることがありませんね。
しかも、今回で最もびっくりしたのが、坂田藤十郎の元気なこと。

御年、80歳とはとても思えない所作のキレ。動きも若々として、まだまだお元気です。
これからも、上方歌舞伎の第一人者として、ご活躍ください。

さて、私の目当ての團十郎さんですが、今回の役どころは、ナント! 女形。
それも、スゴイ鬼嫁。それをコミカルに演じるのだから、笑い転げて、なんともはや。

普段、お話をしている團十郎さんは、紳士で上品で、話題も豊富なのですが、役者としての幅の広さは、やっぱり、私の想像以上のものがあるんですねえ。
恐れいりました。

これからの歌舞伎界のホープとして、今回も注目していた市川海老蔵ですが、やはり、スケールの大きさは、他を圧倒していますね。
あとは、道を踏み外さなければ、、、、(もう、一回やっちゃってるけど)素晴らしい存在になることは確実です。

良いこと、悪いことも、全ては、芸の肥やし。「張りすぎた弦は切れやすい。」とも言います。
生活も、緩急をつけて頑張っていただきたいですね。

◎難波の松竹座の前には、歌舞伎ファンがひしめいています。
120520c 004

◎こちらが昼の部
120520c 002

◎こちらが夜の部
120520c 003

◎今回は、昼の部を観劇させて頂きます。
120520c 005

◎最初の演目”菅原伝授手習鑑”
 尾上松緑と市川海老蔵の”若さvs若さ”または”柔vs剛”
120805c 002

◎市川團十郎と尾上菊五郎が競演する”身替座禅”
 お互いに、いつもとは違う役どころ。
120805c 004

◎「それは、なりませぬ!!」としか言わない、團十郎の”奥方玉の井”
 怖いけれど、笑ってしまうキャラクターに、まだ見たことのない團十郎さんを見ました。
120805c 005

◎こちらも、いつもの威厳など全く無い菊五郎さん。
 なんでもできるんだなあ。名役者って。
120805c 007

◎一番驚いたのが、”封印切”での坂田藤十郎。
 階段からは、すごい勢いで駆け下りてくるわ、きっぷの良い啖呵は切るわ。

 今までの團菊祭では、脇役のように踊りだけで終わることが多かったのですが、今回、私としては初めて、こんな藤十郎さんを見ました。
 ああ、すばらしい役者です。 これからも、見守らせて頂きます。
120805c 011
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1935-f4f55436

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!