まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

京のおうどん屋さん たなか家 -お店の立地も、味のウチ-

晴れた休日は、ゴルフに行くか、ドカにまたがるか。
今日は、ちょっくらと、南京都のおうどん屋さんへレッツら・ゴー!

大阪や神戸(最近では奈良でも)では、新しく開店するおうどん屋さんが次から次へと生まれているのに、京都はさっぱり。(伏見に1件できたそうやけど)
まあ、私には地元に”山元麺蔵”があるから、他の地区にお住まいの方からは恵まれているとは思うんですけど、寂しいといえば寂しいですよねえ。

そんな京都で、評判を聞いていながら、まだ行けていないお店に、今回は突入です。

そのお店とは、もう少しで奈良県との県境となる綴喜郡の”京のおうどん屋さん たなか家”さんです。
自宅からは、約1時間かかるか、かからないかの距離でした。

お店は、24号線から左折して、321号線がクキっと折れている角の小高い丘の上。
ロケーションが良いですわ。本場さぬきの、田舎のうどん屋にダブるイメージがあります。

お店の味は、けっしてお皿の上だけの話ではありませんね。このお店のように、一見すると不利な立地のように見える場所でも、逆転の発想で、それをお店の味にしてしまうなんて、、、
なかなか、頭の良い店主だと思いました。

◎店の看板も、周辺の観光マップ付き。侮れません。
120529ss 033

◎丘の上のお店の外観は、プレハブの集合体。
 このアバウトさも、店主の感性でしょうか?←あえて、田舎感を演出している?
120529ss 028

◎テーブルが並ぶ空間はオープンで、開放的。
120529ss 020

◎はるか遠くは、、、京田辺かな?
120529ss 019

◎さて、肝心のおうどんは”ぶっかけ(小)”480円なり。←田舎感のわりには高いかな?
120529ss 013

◎うどんは普通の太さ。柔らかいグミ感があって、とにかく伸びます。
 お出汁はカツオのあっさり系。この味は京風ですわ。
120529ss 016

◎てんぷらは、舞茸とちくわ。100円と80円。
 揚げ置きでしたが、これはこれで美味しいですね。
120529ss 014

◎何か、もう一品食べたくなって”京都拉饂麺 つけ麺”を。680円なり。
 麺はうどんみたいに白い、、、というより、これってうどんですやん!
120529ss 025

◎担々風の外見のつけ汁は決して辛くはなくて、むしろ甘く感じます。でも、このままでは飲めないほど濃いですね。
 味は全く中華ではなく、あくまでも魚介系の素直な出来具合。ラー油が入っていますね。
 温かい出汁に浸けた麺は、ますます伸びます。

 名前ほどのインパクトがないので、ちょっと拍子抜けするんですけど「何をやりたいのかはわからないけれど、何かをやりたいのだということは、強烈にわかった。」と言うところでしょうか?
 もう一度再訪した時に、この味をどう感じるのか、、、私自身の反応に、私自身が興味があります。
120529ss 026
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1969-e9858075

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad