まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

中国最新事情 -臨沂で山東料理に舌鼓-

この12年間で、我社の工場がある杭州市は大きく変貌しました。
大都会になったし、生活も便利になりました。

よく利用するレストランも大きくなったり、豪華になったり。
お皿の上もオシャレになって、まるでフランス料理の世界。

でもねえ、、、正直言って、あんまり好きじゃあ無いなあ。
やっぱり、私が持っている中華料理のイメージっていうのは”大皿にタップリ”なんですよねえ。

その点、ここ臨沂はまだまだ田舎。”昔懐かしい中華料理”の世界が、思う存分堪能できるんですよ。
テーブルに一斉に花咲いたお皿の数々。乱れ飛ぶ「カンペー!!」「カンペー!!」の叫び。

やっぱり、中華料理はこうでなくっちゃあねえ。

◎スターターがスープというのも珍しい。しかも”干しナマコの白湯スープ”←最初からすごくゴージャス
121001c 077

◎更にスープが続きます。”ほうれん草とカシューナッツのスープ”
 最初にスープをタップリと食べておけば、白酒に悪酔いすることがないんだそうですが、、、ホントかなあ?
121001c 088

◎かなりの具だくさんです。
121001c 091

◎豚バラと葱、豆鼓炒め
121001c 082

◎セロリと葱の黒豆炒め
121001c 083

◎茸の鮑風
121001c 084

◎茸の中には豚ひき肉です。
121001c 123

◎木耳のXO醤炒め
121001c 085

◎胡瓜と滑茸の炒め物
121001c 086

◎乾し豚の煮物
121001c 087

◎もちろん、臨沂名物の煎餅(ジェンピン)は欠かせません。小麦粉を薄く焼いたクレープですが、テーブル上の、どの料理を好き勝手に巻き巻きして食べても良いのです。
121001c 081

◎こういうふうにね。
121001c 097

◎豚の尻尾と干ししいたけの炒め物
121001c 098

◎この尻尾がトロける美味さでした。
121001c 118

◎揚げそばとスープが出てきました。
121001c 100

◎揚げそばをバキバキと折って、スープの中に。そうすれば、皿うどんになりますねん。
121001c 109

◎川エビの素揚げ
121001c 099

◎胡瓜と青大根のサラダ
121001c 110

◎味噌をつけて食べる青大根の辛さが好きです。
121001c 117

◎カリフラワーの辛味炒め
121001c 114

◎川魚の中華蒸し
121001c 119

◎糸瓜のサラダ
121001c 111

◎細セロリの炒め物
121001c 113

◎締めは平打ち麺
121001c 129

◎味は、まさにうどんですな。
121001c 130

◎飲んだ白酒は地元のもの。アルコール度数が37%ということで、個人的には、ちょっともの足りず。
 でも、中国ではアルコール類の持ち込みは基本的にOKなんだそうです。これってありがたい話ですよね。(杭州市内だけは禁止されているそうですけど)
121001c 126

◎臨沂市内の住宅街にぽつんとあるレストランでした。この店の前の道だけは無法地帯と化していて、スゴイ混雑ぶりでしたが、、、
121001c 132
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1981-c7d248cb

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad