まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

摘草料理の庵 美山荘 -夏の山里懐石 2012-

この記事も、今年の夏の記憶です。思い出として残したいことはたくさんあるのですが、その中でも重要度の高いものを優先的にブログアップしています。
それも、そろそろ止めないとねえ。いくらなんでも、ストーブの前で半袖の写真を見るのはアカンやろなあ。

美山荘がある花背の山奥は、さすがに夏の暑さもおとなしく、避暑地としても一級ですね。
私としては、美山の川から取れる鮎を楽しみたくて、休日の昼頃に訪れてみました。

相変わらず、若女将はべっぴんさんで非常によろしい。もちろん、もてなしも文句のつけようもないほどでしたよ。
昼の一時、桃源郷に遊んで来ました。

◎今日のお席は、母屋から離れた川よりの離れで。宿泊するときには、こちらの建物を使うことになります。
120729c 105

◎本日のお料理。とても書き写せないので、写真でご覧ください。
121016c 075

◎その御料理の数々。先日の菊乃井とは違い、あくまでも地の素材中心の献立が並びます。
 しなやかに、素材本来の味を引き出すテクニックって、かえって難しいんでしょうねえ。レスリングではなく、相手の力を使って投げを打つ合気道のような感覚でしょうか?
120729c 048

120729c 050

120729c 051

120729c 053

120729c 060

120729c 062

120729c 064

120729c 072

120729c 075

120729c 077

120729c 082

120729c 090

120729c 093

120729c 097

120729c 099

◎この日のために用意したワインは、この3本。
 
 シャンパーニュ ピエール・カロ ブリュットミレジム 1998
 ピュリニィ・モンラッシェ 1er レ・カイユレ 2006 ドメーヌ・ド・モンティーユ
 ヴォルネイ 1er レ・ミタン 2006 ドメーヌ・ド・モンティーユ

 どのワインも、そろそろ落ち着きが出始めた飲み頃でした。
 特に、このミレジムのシャンパンは私のツボですね。
120729c 102

◎食後は、川遊びなどをしてゆったりと。母屋に移動して、カウンターのある部屋でコーヒーなどをいただきました。
120729c 107

◎夏の緑は綺麗ですねえ。
120729c 109

◎いつも美味しいお料理とおもてなしをありがとうございます。次回は、冬ですね。
120729c 112
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/1990-51cb6525

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad