まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

アメリカ出張日記 -ファースト・ラウンジでワインテイスティング-

さて、もう帰国の朝です。頑張って早起きをして、ANAのチェックインカウンターに行ったのですが、、、
どうやら、私が出発時間を間違っていたみたい。ナント! テイクオフの3時間も前に通関をしてしまいました。

しかたがないので、ユナイテッド航空の”グローバル ファースト・ラウンジ”へ時間つぶしを兼ねて訪問です。
と、言うのも、往路便のファーストクラスがあまりにも快適だったので、調子に乗って復路便のアップグレードを申し込んでしまったんです。

ただ、私のプレミアムポイントはもう使いきってしまったので、このアップグレードには4500マイルと言う溜まったマイルを使いましたけど、、、
まあ、マイルはこれからも溜まり続けるので、なんとかなるでしょう。

さて、今回訪れたユナイテッド航空の”グローバル ファースト・ラウンジ”は私にとっては初体験。
ユナイテッドのハブ空港であるオヘア空港のファースト・ラウンジですから、凄く期待してはいたのですが、正直言ってあまり大したことはありませんでした。
広さも大したことはないし、相変わらず、美味しそうなものは無いし、、、

ところが、ことワインに限って言えば、全部で10種類もの品ぞろえで、これにはちょっとびっくり。
時間もタップリあることですから、ここは、ゆっくりとテイスティングでもやってみましょうか。

だって、このブログはワインブログなんですから。

◎ターミナル1にあるANAのカウンターは建物の一番右側。端っこに追いやられている感じがしますね。
121030c 082

◎通関を終えてコンコースBへ出てみると、あの恐竜くんがお出迎え。
121030c 084

◎ANA便が出発するのはコンコースCなので、こんな地下通路を使って移動です。
121030c 085

◎地下通路を上がった正面の、18番ゲートの横にある”ユナイテッド グローバル ファースト・ラウンジ”です。
121030c 114

◎快適そうではありますが、決して広くはないラウンジですね。
121030c 090

◎窓の外ギリギリまで、飛行機の機首が迫ってくるところは、なかなかの迫力があります。
121030c 112

◎一応のスナック類は揃っていますね。味はどうかは別問題として、、、
121030c 091

121030c 092

◎そんな中から、あまりワインの味を邪魔しないようなものを選んで、PCを叩きながらのテイスティング開始です。
121030c 101

◎ブーヴ・クリコ イエローラベル
 やはり、ここにもシャンパンはありました。ファーストクラスラウンジのチェックマークです。
 ド定番でもありますので、テイスティングとかの必要はないと思いますが、このボトルは、抜栓後しばらく経っていたようで、美味しい白ワインになっていました。
121030c 107

◎ファー・ニエンテ シャルドネ 2010
 典型的なカリフォルニアのシャルドネ。甘ったるいクリームの樽香が強すぎる。
 同時に、キューピー人形のようなセルロイド? 苦手だなあ。
121030c 103

◎サンタ・マルゲリータ 2011
 北イタリアのピノ・グリです。香りはイチゴっぽいベリーなんですが、口に含むと、硬質のミネラルが歯茎に染み込みます。
 個人的には好きなタイプですね。
121030c 104

◎グロス 2011
 ナパのソーヴィニヨン・ブラン。香りは、非常に優雅な猫ですねえ。飲んでみると、キリッとした酸が長く続きます。
 ナパに涼しいところがあるのかどうかは知らないのですが、これは”眼から鱗”のワインでした。
121030c 105

◎エヴォリューション
 ちょっと、意味不明のワイン。バックラベルを読んでも、9ヶ所の畑の葡萄のブレンドだと書いてありますが、それ以外の情報は無し。
 ただ、香りはリースリング。飲んでみれば、ドイツのアウスレーゼみたいです。私にはわからない世界ですね。
121030c 106

◎スタッグス・リープ アルテミス 2009
 色は真っ黒。香りは、インクと黒系果実の煮詰めたもの。口に入れると、タンニンが暴れていて感覚がおかしくなりそう。
 瓶詰め前のイメージですが、これを飲むのは辛いなあ。
121030c 097

◎エチュード 2009
 カーネロスのピノ・ノワール。でも、香りは全くフランスとは別物。まさに、甘ったるい苺ジャム。
 まるで濃縮ジュースです。酸というものは何処にあるの?
121030c 108

◎ジョルダン 2008
 こっちはアレキサンダー・バレーのカベルネ・ソーヴィニヨン。色は、少し赤も入った黒。少し熟成しているかな?
 香りも、ピーマンとインク。果実味が強いけれど、まだマシなレベル。2杯は飲めると思う。
121030c 109

◎アフィンカード 2007
 アルゼンチンのマルベック。色は、さすがの黒、。でも、香りが出てこない。閉じています。
 飲んでみると、タンニンが押し寄せてくる感じ。煮詰めすぎたぶどう液。2杯は無理です。
121030c 110

◎クロ・ド・ヴァル 2009
 これも、ナパのカベルネ・ソーヴィニヨン。色は綺麗なルビー。香りは黒すぐり。
 タンニンと酸のバランスは一番良い。私にとっては若すぎるこれらの赤ワイン達の中では、一番良い、、かな?
121030c 111
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2003-4e416205

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad