FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

アメリカ出張日記 -NH011便 ファーストクラス その壱-

せっかくのファーストクラスに搭乗するというのに、ラウンジでワインを飲み過ぎたような気もするのですが、フラフラとしながらも、なんとか自分のシートに座ることができました。

往路便で、ある程度の学習ができたので、このキャビン内での過ごし方も少しはわかったような気がします。
それは、以下の写真ブログで、、、

◎ゲートはC10。ラウンジからすぐです。
121030c 118

◎ウェルカムドリンクを一口飲んで「あれっ!? これ、クリュッグじゃあない。」
 確認してみると、やはり違うそうです。でも、往路便と復路便で違うのは何故?
121030c 119

◎このすごく綺麗なアペリティフのお供には、ドライ・マティーニを。 
121030c 128

◎今回は、こちらから聞いてみます。「あの~、この便にもキャビアはあるのですか?」
 「もちろんでございます。すぐに、ご用意いたしましょう。」
 ドド~ンと登場。
121030c 135

◎もちろん、キャビアのお供はクリュッグ。ボトルを確認してみれば、、、往路便と同じIDナンバーでした。
121030c 134

◎キャビアの銘柄が違うし、色が黒い。キャビアの味も少し塩気が強いみたい。パスチュライズの違いでしょうか?
121030c 137

◎ガレットも蕎麦の風味があって、より本格的な味でした。
 もちろん、凄く美味しい。
121030c 146

◎今回は、洋食のコースから前菜と主菜をチョイス。←このあたりのアレンジは自由自在です
 その前菜は”グラヴラックスサーモン 人参とセロリのサラダ ディル風味”
121030c 149

◎このオリーブオイルが何故かすごく美味しく感じました。
121030c 153

◎ここでワインをリクエスト。
 ヴォルネイ カイユレ 1er アンシェンヌ・キュベ・カルノ 2007
 フランボワーズが香る華やかなワインです。余韻も長く、後味がスパイシー。
121030c 154

◎主菜は”牛フィレ肉のグリル トリュフのソース”綺麗なお皿ですね。
121030c 157

◎ソースは抜群。でも、肉の焼き具合がちょっとやりすぎ。
 チーフパーサーが具合を聞きに来たので、正直に感想を言ったところ、凄く恐縮されて、、
121030c 160

◎デザートは、シンプルに”アイスクリームの取り合わせ”
121030c 165

◎そしてコーヒー。
 私にとって、軽い食事だと思うでしょ?でも、これも予定のうちなのです。
121030c 171

◎ベッドメイキングをしてもらって、しばらくは読書タイムです。
121030c 172
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2004-d66f6207

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!