まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

イタリア出張日記 -イスタンブール・アタチュルク空港 トルコ航空ビジネスラウンジ-

現地時間の、夜明け前の午前5時に、無事にイスタンブールに到着。
タラップを降りるときに、思わず庄野真代を歌った日本人は、決して私だけではないはずです。

簡単な手荷物検査を通り抜けて、ターミナルのコンコースへ出てみれば、ナントまあ、すごい数の人の熱気でムンムンしてます。
景気、エエんやろなあ。

そんな人ごみをかき分けて、トルコ航空のラウンジに到着。さすがにフラッグキャリアのラウンジだけあって、その広さは、私が今までに経験したどのラウンジよりも大きいと感じました。←正確に測ったわけではないけど、、

食事をとるスペース、ゆっくりと寛ぐソファのスペース、お酒を飲むバーのスペースなど、いたれりつくせりの設備です。
でも、私が到着したのは早朝。バーカウンターには誰も居ず、用意されていたのは、朝食のメニューと極めて遅いWiFiだけだったのは、非常に残念ではありました。←この前のドーハもそうだったなあ

◎立派なターミナルビルがそこに見えているというのに、何故か滑走路脇の駐機場に直行したTK47便。
 ここからはバスでターミナルまで移動です。
121107c 100

◎免税品店が立ち並ぶコンコース内には、こんなイスラム系の人達が、、、
 彼らって、すぐに通路に座り込んでしまうのが、特徴といえば、特徴ですね。
121107c 103

◎とても、朝の5時とは思えない光景です。それに比べて、関空の朝の5時はどうだと思いますか?
 免税品店なんか、絶対に開いていませんぜ。関空は、一応、24時間運用できる(はずな)空港なんですけど、、、
121107c 104

◎目の前に現れたのは、ドド~ンとそびえ立つ(3階吹き抜け)ラウンジのエントランス。
 何か、城門をくぐり抜けるイメージです。
121107c 106

◎内部は、まるでテントの中にいるような気持ちになる装飾です。卵の殻の中にいるというような、不思議な安心感。
121107c 108

121107c 113

◎こちらは、ピアノバーのコーナー。自動演奏のピアノの響きが心地よいなあ。
 この近くのテーブルに、腰を落ち着けましょう。
121107c 110

◎全然お腹は空いていなかったのですが、スナックのコーナーを見てみれば、、、
121107c 111

◎こんな朝食メニューが並んでいました。チーズに、、、
121107c 117

◎野菜に、ヨーグルトに、、
121107c 119

◎ジャムに、、、
121107c 118

◎シリアルです。
121107c 120

◎それはさておき「ワインはないんかいな?」探してみれば、端っこの方にありました。←こういう嗅覚は持っています
121107c 114

◎飲んだのはこんなワインたち。トルコもあれば、イタリアもあります。
121107c 115

121108c 001

121108c 002

◎オリーブでも齧りながら、ネットを試してみましたが、、、遅くて話にならん!!(怒)
121107c 127
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2010-80e02039

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad