FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

イタリア出張日記 -ポデーレ・サリクッティ-

フィレンツェから、ほぼ真南に行く事、約1時間。モンタルチーノに到着です。

実は、私は全くと言っていいほど、トスカーナの地理を知りません。フィレンツェの市内ならある程度は分かるんだけど、、、
思い切ってカミングアウトしますけど、、、サンジョベーゼって好きじゃあないんです。

でも、西野さんに林さんを紹介してもらった時に、二人から散々と「サンジョベーゼの旨さがわからないなんて、イタリアワインを知ってるとか言えへんで。」と聞かされたんです。
そこで、この機会に、大好きなピエモンテ行きを諦めてでも、トスカーナでサンジョベーゼを体験しようと思ったわけなんですよね。

そういうことですから、林さんも、訪問先はかなり厳選してくれたようで、最初の訪問は、ポデーレ・サリクッティ。
”元先生”と言う経歴のフランチェスコ・レアンツァ氏が始めたワイナリーで、その歴史も20年もないそうです。

私としては、有名なモンタルチーノは「大昔から偉大なワインを作っている土地だ。」と思っていたのですが、全くそうではないらしいんです。
大御所と言われるワイナリーでも、せいぜい19世紀後半からだそうで、これだけでも、私の思い込みとは大違いでした。

そして、樽から試飲させてもらったワインも含めて、今までに私が抱いていた、ネガティブなサンジョベーゼのイメージがかなり変わったのは事実です。
この日を区切りとして、今後はもっと積極的に、サンジョベーゼを勉強しようと決意したのでした。

◎外見は”普通の農家”としか見えない、ポデーレ・サリクティ。でも、その1階には、、、
121111c 033

◎ステンレスと木樽の醗酵槽が、、、
121111c 037

121111c 044

121111c 036

121111c 038

◎その中の、ひとつの木樽のトーストを変えてみたそうで、レアンツァ氏が「どう思う?」
 そんなこと、、、私に聞かれても、、、←林さんが連れてきた人間なので、私をプロだと思ったのかな?
121111c 042

◎こちらの建物は熟成倉庫で、、、
121111c 046

◎中は、熟成用の樽が”所狭し”と、、、
 その中で、レアンツァ氏と林さんが「どれを飲んだろうか?」と、ウロウロ。
121111c 048

◎畑の地図です。敷地は11ヘクタールだそうですが、畑になっているのは、わずか4ヘクタール。
 それじゃあ、私が見たことがないワインなのも仕方がないですよね。
121111c 051

◎自宅の暖炉の前で、2007年を試飲させてもらいました、、、閉じてるやん!!
 「あれぇ!? 先週は開いていたのになあ。」←ワインは難しいよねえ
 続きは、今晩の夕食時に持ち越しです。
121111c 059

◎建物の前に広がる畑と渓谷の前で記念撮影。
 レアンツァさんは、夕方からパリに行くそうで、好きな額縁の展示会(そんなんあるんかいな?)を楽しんでくるそうです。
 そんな忙しい時に、私のために時間を割いてくださって申し訳ありませんでした。
 もっと、サンジョベーゼ、、、勉強しますです。ハイ!
121111c 063

◎ゆっくりと空気が流れている場所です。
 家族の一員のカフェ(色がコーヒー色だから)もダラ~として、、、←番犬の仕事はしろよな
121111c 053
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2020-0da5a45a

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!