まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

オステリア・オギノ -繊細さとガッツリ系の融合-

休日に突然の来客。 せっかく来てくれたのだから「晩飯でも一緒にどう?」と言いたいのだけれど、我が家の冷蔵庫はスッカラカン。

そんな時に、家から一番近くて、なおかつ美味しいイタリアンと言えば、やっぱりオステリア・オギノです。
カジュアルだから、わざわざ服を着替える必要もないし、部屋着のままで乗り込めるのも嬉しい点ですね。

この日も、ちょっと遅がけからの訪問です。
以下は、その日に食べた物たち。備忘録として、残しておきましょう。

◎ほんとに小さなお店が、東山二条の交差点から西へ行ったところにあります。
 近くのジャスコが目印ですね。
120824c 307

◎家からも歩いて10分くらいかなあ?ちょうど、一汗かくくらいの距離感です。
 まずは、ハートランドで落ち着きましょう。
120824c 262

◎前菜としては”鯖の冷製ジュレがけ”
 このお味がなかなか上品でよろしい。鯖の青臭さをうまく消しています。
 オギノ君は、見た目はノッタリ系やけど、神経は細やかそうやなあ。
120824c 264

◎ワインは彼におまかせ。
 最初は、こんなシチリアの赤から。スッキリと軽口です。
120824c 273

◎サラダは”カプレーゼ”。
 モツァレッラはブファッラですぜ。
120824c 268

◎もう一品。”豚肉のパテ”
 色々な端肉が使われていて、コリコリ感がまた良いのよ。
120824c 274

◎次のワインは、トスカーナのシラーを。
 果実の甘さが前面に押し出してきます。ワイワイ言いながら飲むには良いですね。
120824c 286

◎プリモのパスタは、こんな2品。
 ”キノコとプチトマトのパスタ”
120824c 281

◎”ベーコンとトマトソースのパスタ”
120824c 290

◎メインは、やっぱり”牛肉のグリル”
 赤身肉の火の入れ加減もベストタイミング。顎の運動に持って来いですわ。
120824c 297

◎こういうガッツリしたお皿には、やっぱりピエモンテのネッビオーロが欲しい。
 オギノ君がリスト外から探しだしてくれたのは、こんなバルバレスコでした。

 今日も満腹。彼の料理は、お腹にはかなり来ますが、お財布にはとっても優しい所も好きなんだよなあ。
120824c 306
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2040-a7358289

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad