FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

バリ島逃亡記 -ウブドの隠れ家ヴィラでフレンチを-

今晩は、バリの伝統舞踊を観るためにウブドまで遠征。
舞踊が始まるまでの時間を利用して、まだ陽が高いですが、ヴァイスロイ・バリと言う★★★★★のホテルのフレンチディナーを楽しむことにしました。

同じ★★★★★クラスとは言っても、滞在している海側のコンラッド・バリとは全く正反対の立地にあるホテルです。
「ほんとに、こんな山道の奥にホテルなんかあるんかいな?」というような渓谷に、せり出すようにそのホテルはありました。

しかも、その全てが一件づつ独立したヴィラ形式。それぞれのヴィラにはプライベートプールがあり、それこそ、一日中、そのヴィラの中で過ごすことも可能です。
ついでですが、ヘリポートもありますから、空港から直行することも可能ですよ。誰の目にとまることもなく移動できるんです。

まさに”隠れ家”そのもの。ああ、オレにも”危険な関係”の人がいればなあ、、、ここで二人っきりでプライベートプールで、、、イカン、イカン!!妄想から抜けだそう。

閑話休題、このホテルのメインダイニングは”カサカデス”と言うフレンチのレストランです。
ふと、外を見れば、椰子の木が生い茂った渓谷が眼下に広がり、これはこれで雄大な景色を楽しむことができます。

料理は、まさに正当フレンチ。ここがインドネシアであることを忘れてしまいそうです。
でも、、、ああ、美味しいフレンチやけれど、ここには、やっぱり”危険な関係”の人と来ないとアカンなあ。

次回はきっと、、、(危険な関係になってくれる人、、募集中です)←審査基準はあります

◎オープンデッキのメインエントランスを抜けると、これまたオープンなレストラン”カサカデス”があります。
130301c 016

◎テーブルの配置もゆったりとしていて、秘密の会話も、お隣さんに聞かれることは無さそうですね。
130301c 020

◎レストランから眼下を眺めれば、ワンルーム形式のヴィラがびっしり。ちょっと隣と近いかなあ?←私のイビキを心配しただけですよ
130301c 018

◎さあ、少しづつ夕闇が迫ってきている景色の変化を楽しみながら、ディナーのスタートです。
130301c 049

◎最初は、こんなアミューズから。
 軽く火の入ったカジキですかね?にんにくマヨネーズがインパクトあります。←ツカミはグッド!
130301c 032

◎これは本格的なパンですね。
130301c 026

◎オリーブオイルとバルサミコ。そして、エシレバター。
130301c 030

◎前菜は”新鮮な海老とアボガドのサラダ”
 ハズレようのない組み合わせ。ソースがローズマリー、レモンで、シャキッとした酸が暑くなった体温を下げてくれます。
130301c 039

◎口直しのソルベット。レモンじゃあない柑橘ですね。名前がわかりませんが、、、
130301c 044

◎メインは”バラマンディのフィレ、ホタテ、海老のブールブランソース”
 なかなかボリュームのある一皿。レモングラスとかジンジャーとかの、アジアンな独特の香りがよく効いています。
130301c 046

◎こんなお皿に合わせたのは、ニュージーランドはキム・クロフォードのソービニヨン・ブラン2011。
 ワインリストでは2009だったんだけど、出てきたのは2011。まあ、良いじゃない、、美味しければ。
 酸がそれほど主張をしない、どちらかと言えばフルーティーな飲みくちですね。
130301c 035

◎頼んでないんだけど、何故か出てきたスイートは、、
 ”エスプレッソチョコレートフォンダン ココナッツソルベ ポートワインがけ”
130301c 058

◎カプチーノを飲んで、、、おお、時間だ!そろそろ出かけないと。
130301c 055

◎腰を上げれば、もうどっぷりと陽も落ちて、、、
 プールサイドも、、、
130301c 059

◎エントランスロビーも、なにかエロいなあ。←その妄想をなんとかせい!!
130301c 061
スポンサーサイト



コメント

まなゆうさん。

コメントの返信に日々一喜一憂していますが、まなゆうさんを見る眼・・・では大爆笑してしまい、
飲んでいた日本酒をこぼしてしまいました。

てっきり、”いい人”とご一緒なのかな?なんて思っておりましたが失礼しました!
ヴィラはもう少しお隣さんと余裕がないと何だか集落みたいですね。
ディナーはフレンチとありましたがバターにまでこだわってすごいです。

陽も落ちてからこんなに大人なムードにされたら妄想の世界へ引きずり込まれて当然ですね。

この後の伝統舞踊にて南国の花のようにステキに咲き誇る女性は出てくるのでしょうか・・・。

ナナさん、、、マイドです。コメントありがとうございます。

期待に添えなくて申し訳ありませんが、そんな”危険な”人と一緒ではありませんでした。

このレストランを選んだ理由も「ウブドの舞踊会場に近いから、、」ということだったのですが、訪れてみて「この雰囲気は、やはりそんな人と一緒でなきゃあなあ。」なんて思った次第です。

バリには、こんなホテルはいっぱいあるそうですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2083-9e335f86

 | HOME | 

Calendar

« | 2020-01 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!