まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

魏飯夷堂 本店 そののち 麦火酒 -GWは昼酒が楽し-

今年のGWは前半と後半に分かれているせいで、我が家も大きな旅行は無し。
「それぞれが、好き勝手に過ごす。」と言う、私には非常に都合の良いことになっています。

そんなある日、いつもの様に、愛車のフェラーリをコキコキいわせながら市内散歩。
風は寒いんですけど、自転車を漕いでいると、結構身体は火照ってくるんですねえ。

ちょうど、堀川通を北上している時だったので、三条通を左に曲がって、魏飯夷堂でビールタイムを作りましょう。
アテには、このお店の名物の小籠包が調度良いですね。

昼飯時ではあったんですけど、うまい具合にカウンター席に滑りこみセーフ。
早速、ビールと小籠包を注文です。調子に乗って海老餃子も追加しちゃった。

この店の小籠包は、ポルチーニやフカヒレやトリュフ等の高級食材を使ったものまで、全部で七種類もあるのですが、私は”上海小籠包”と言う、最もベーシックなものが一番好き。
コストパフォーマンスも良いですしね。

そんな調子で一休みして、「さてと、家へ帰るかあ。」と、再びフェラーリをコキコキいわせていると、突然、肩を誰かにグイッと掴まれました。
「まさか、何の挨拶もなく、オレの店の前を素通りするつもりじゃあ無いやろなあ?」 クーゲルの西田さんが凄みます。

周りを見回してみれば、そこは木屋町二条。バー・K6の前ではありませんか。
「アレッ? 午後1時ならK6は閉まっているはず。」なんて思ったのですが、1階の”麦火酒”はすでに開店していたのです。

招き入れられるがままにカウンターに腰を落ち着け、珍しいスコットランドのビールや初体験の国産ウイスキーなどをいただいて、調子よくほろ酔い機嫌に。
休日の昼酒。ほんとに楽しいものですねえ。

◎これで何回目になるのかなあ?かなりの頻度でおじゃましている魏飯夷堂です。
 北新地に支店ができたそうですから、ここは本店ということになるのかなあ?
130505c 020

◎カウンター席も良いものですねえ。
 厨房の熱気が伝わってきます。
130505c 005

◎ビールはラガーの中瓶。550円なり。
130505c 003

◎海老餃子。3つで580円なり。
130505c 009

◎餃子というより、海老の蒸し物と言う感じの味です。
 プリプリの海老が美味しい。
130505c 016

◎上海小籠包。900円なり。
130505c 013

◎薄い皮を通して、中のスープがタプタプしているのが見えます。
 熱さを我慢して一気に頬張れば、液汁が口中に溢れてなんとも言えません。黒酢と生姜は必須項目でしょう。
130505c 017

◎麦火酒で頂いたスコットランドのペールエール。
 ベルギーなんかと違って、おとなしい大人の味です。
130505c 022

◎信州マルス蒸溜所の”長野限定”シングルカスク。
 歳を重ねた年輪の密度の濃さを感じます。それでいて、アタックはおおらかです。
 昼酒にはピッタシですね。
130505c 025
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2117-ac3ef138

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad