FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

聖護院 嵐まる -かわいそうな魚、うっかりカサゴ-

いつものように、魚のDHAを摂取するために”聖護院 嵐まる”さんへ。

ところが、お店に突入してビックリ!ほぼ満席やないですかあ!!
「ちょっと待ってね。今すぐ席作るから、、、」 と言うことで、しばし入り口で待機。

それにしても、すごい人気ですねえ。カウンターの向こうでは、ご主人を始め、スタッフ全員が完全にテンパっています。
中でも、飲み物担当の奥さんはひっきりなしの注文に走り回ってはります。

そんな勢いに押されて、気の弱い私は口をアワアワさせていると、「うっかりカサゴはどうですか?お客さんが釣ってきはったんやけど、、」
「おおっ、うっかりカサゴ。それもらいますわ。」

みなさんは、この”うっかりカサゴ”ってご存知ですか? ちょっと変な名前でしょう?
その由来はねえ、、、、

漢字/うっかり瘡魚、うっかり笠子。
由来・語源/なぜ「うっかり」かというと、安倍宗明(著明な魚類学者)が和名を整理、名づけることにいそしむうちに、ほとんど名づけ終わったと安堵していたら、なんと毎日見なれたカサゴが別種であり、これを発表し忘れていた。「うっかり論文を発表し忘れたため」。
「他のカサゴとうっかりすると区別がつかないカサゴ」でウッカリカサゴになった-ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑による-
 
ねっ、かわいそうな魚でしょう? この魚にはナニの罪もないのです。このアベさんが悪いんですわ。

でも、食べるとすごく美味しい魚なんですよねえ。しかも、カサゴの中でも大型の部類ですから、食べごたえも充分にあるんです。
そう考えると、ますますこんな名前を付けられてしまったこの魚が可哀想でたまりませんわ。

◎この暖簾の向こう側は大変なことになっていたんです。
 そんなこととは露ほども知らずに突入してしまって、、、
130513c 017

◎入口近くのカウンター席まで人で溢れています。
 こりゃあ、大変だねえ。←大盛況なのは良いことですけどね
130513c 038

◎気持ちを落ち着けるために、とりあえずレモンハイをグビッとね。
130513c 019

◎お刺身は、天然ヒラマサ(高知)と活穴子炙り(長崎)を。
 う~ん、筋肉質のマッチョなヒラマサとネットリとした妖艶系の穴子の組み合わせはたまりませんなあ。
130513c 025

◎さあ、これが”うっかりカサゴ”。半身ですが、充分な食べごたえがあります。
 身もコロコロして美味しいわあ。
 ちなみに、うっかりカサゴの分類は”顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系カサゴ目カサゴ亜目フサカサゴ科カサゴ属”だそうです。
130513c 030

◎今日のお酒は、新潟の”金鶴 大吟醸”に決定。
 少し甘口で、余韻が長いのが特徴ですね。
130513c 035

◎目の前で、右に左に大奮闘のご主人には言いづらかったので、若ちゃんにそっと「丸なすの田楽、お願いします。」
 二色の味噌でいろんな味のコンビネーションを楽しめます。
130513c 043

◎狙っていたホタルイカはアッという間に売り切れ。そこで”桜えびと新玉葱のかき揚げ”です。
 フフフ、このパリパリした触感はやみつきになりそうです。
130513c 047

◎今日は、こんなおまかせのお鮨で〆ました。この鮨飯も無くなりかけでぎりぎりセーフだったんですよ。
ですから、おみやげなんて、とてもとても、、、、無理でした。←絶対に家人に怒られるわ
130513c 053
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2124-02a01c67

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-10 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!