まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ワインバー・ワイングロッサリー -イジメられる快感に、、、ハマってる?-

久しぶりに新町六角のワインバーへ。体制変更があってからは初めての訪問です。
でも、当日のスタッフはOTFトリオ。今までとおんなじやんか。

かく言う私も今まで通り。Oソムリエが用意してくれた古酒を中心に、シェフに一皿を用意してもらいます。

でもねえ。Oソムリエの性癖がますますはっきりしてきているんですよねえ。
それは何かといえば、、、ドMなんですよ。

この夜も、わざわざ私の前で抜けないコルクに四苦八苦。←ボトルを選んだのは本人ですから私に責任はありません
対照的に、私は自他共に認めるドSですから、それを見ながらああだ、こうだと暴言三昧。

でも、それを聞きながらOソムリエは何か嬉しそう。
こういうのって、、、赤い糸で繋がっていると言うんでしょうか?←多分、黒い糸やろうねえ

◎久しぶりのワインバーです。
130609c 038

◎本日の泡モノは”ポール・バラ”。ピノ系主体の重い酒質。
 今夜のプロローグとしては最適な滑り出しです。
130609c 039

◎アミューズはトマトのサラダ。あっさりとしています。
130609c 044

◎少し小腹がすいていたので、ロエロの白ワインを。
 これまた重めの印象で、嵐の予感。
130609c 046

◎海老と貝柱のトマトソースパスタ。
 フレッシュなトマトソースって、我が家では作らないんですよねえ。美味しいです。
130609c 055

◎さて、Oソムリエが古酒の抜栓に取り掛かります。
 軽くスクリューが刺さりましたが、これは私にとっては嫌な予兆。←抜栓中の本人はいたってルンルンでしたが、、、
130609c 048

◎やっぱり、コルクの中心はグズグズ。それに反して、コルクの外側がボトルに貼り付いているという最悪の状況です。
 Oソムリエはなんとかコルクを引き剥がそうと奮闘しますが、、、苦笑しか出て来ません。
130609c 049

◎最後の手段は、スクリュー斜め刺しとの併用にトライ。それでもビクともしませんな。
 私からは声援ならぬ罵声の嵐。
130609c 050

◎結局、コルクは砕け散り、こんな結果に。
130609c 053

◎ワインは”シャトー ラ・ラギューン1970”でした。
 コルクは最悪でしたが、ワイン自体のコンディションは言うことなし。素晴らしい黒スグリと甘いタンニンの共演を楽しませてもらえました。
 Oソムリエの選択眼は、やはり確かだったのです。
130609c 059

◎このワインに合わせてFシェフからはこんな一皿が。
 非常に滋味の深い白いソース。お肉との相性も抜群でした。相変わらず冴えてますねえ。
130609c 063

◎後はチーズのプレートをもらって終了、、、のはずが、、、
130609c 065

◎Oソムリエから食後酒の提案が。”マール・ダキュテーヌ・ド・ムートン・ロートシルト”
 こういう隠し技を用意していたとは、、、
 転んでも、ただでは起きんねえ、、、キミは、、、
130609c 067
スポンサーサイト

コメント

同じく

昨晩はワインバーでした。69のネゴシアン ムルソー 飲みました。リコルクしてあり、ソムリエは苦戦しらず。

 なんとかワインも無事で、ジュラのワインをソースにスペイン豚のソテーいただきましたが、いいマリアージュでした。先週は76のムルソーシャルム ルネモニエが大当たりで、2週続けてよかったです。

 氷見はこのワインバー以外は、食事が合うところがないにで、入り浸りです。

kanさん、、、マイドです。コメントありがとうございます。

おおっ!! 素晴らしいワインを楽しんでおられますねえ。
ワインバーの好きなところは、料理だけでなくいろいろな会話もワインの味を引き立ててくれるからなんです。

でも、このワインバーではソムリエの”いじられキャラ”もひとつの味になっています。
氷見のワインバーはいかがですか?

出来れば、お店の名前を教えてくださると嬉しいのですが、、、?

では

ル シャノワール (ワインバー)
 検索で でてきます。

名古屋生まれで名古屋で修行して、氷見にいらっしゃいました。家立てた?ので、氷見でがんばるそうです。ありがたいことです。

 +1000 で持ち込み。 一杯以上提供(笑) 当たりだと 持ち込み無料。ついでにグラスワインも割引ってかんじですね。 

kanさん、、、マイドです。コメントありがとうございます。

情報、ありがとうございます。
名古屋の人なんですねえ。美味しい魚がイッパイの氷見なら腕のふるいがいもあるでしょうね。

それにしても”当たり”とは「シェフの好みに合った」ということですよね?
それで割引があるなんて、、、なかなか面白いですねえ。

ますます訪問したくなりました。

その通りです

69は 健全でしたが、無料にならず(笑)
76は ひさしぶりに感動?したということでした。
富山の人にはない、エネルギッシュな感じが いいソムリエです。

kanさん、、、マイドです。コメントありがとうございます。

次回、氷見に行った時にはぜひ訪問してみたいと思います。
何か、ワインをぶら下げて、、、

ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2138-04e647ff

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad