FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ジブリー 2001

あんまり雨が降らないですねえ。洗濯物は良く乾くだろうから、世の奥様方は喜ぶんだろうけど、今年は、紫外線がいつもの年よりも強いんじゃあないでしょうか?
車に乗っていると、右手に当たる日光が、まるで「腕に突き刺さる」ような感覚があります。最近の雑誌を読んでいると、この紫外線が原因で皮膚ガンが増えているそうです。
肌が弱くなったと言うよりは、紫外線が強くなったらしいですね。それと言うのも、環境破壊によりオゾン層が薄くなったからだそうです。
夏でも、紫外線対策の長袖の服を離せなくなるのではないでしょうか? そうなると、アラビアのロレンスみたいな服装がはやるかもしれませんね。
もうひとつあるのが、紫外線による目の老化です。白内障が増える傾向にあるのも同じ理由だそうです。
日本も変わっていくんですねえ。私はと言えば、白ワインに手が出る回数が増えるくらいかなあ?

今日のワインはブルゴーニュの白ワインです。ジヴリーという地区は、コート・シャロネーズというブルゴーニュでも少し南側のことですが、白ワインはそれほど多く作っていません。
でも、ニュアンスとして南はキーワードでしょうね。オリヴィエ・ルフレーブといえば有名な白ワインの作り手、ヴァンサン・ルフレーブの親戚だそうですが、さすがにこのワインは価格はそれほど高くありません。
私はどちらかと言うと、赤ワインよりはコクのある白ワインのほうが好きなのですが、それがまたたいがいのものは価格が高いんですよ。特に好きなムルソー系は。
それに対して、このワインは価格も適当だし、それに対して味も良いし、大好きですね。
色は黄金色。きれいです。香りも冷やしている割には強いです。完熟してドロドロになる直前のパイナップル、甘酸っぱい蜂蜜、炒ったゴマ。
味はきれいな酸味の中に甘みが出ています。これは、あんまり冷やさないほうが良いかもわかりませんね。
さすがにブルゴーニュでは生産者で選ぶべきだと思います。これだけの凝縮感にはなかなか出会えませんね。

生産者-オリヴィエ・ルフレーブ
生産国-フランス
購入店-リカー・ワールド
購入価格-1480円

20050529214143.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/22-6c472923

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!