FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

フランク・ミュラー ワールド@THE SODOH -昔の面影は何処?-

ある日、私の携帯電話にある人から電話が。
「フランク・ミュラーにお会いいただけませんか?」

メカに興味を持つ人なら必ず気になるモノに時計がありますよね。
その中でも、機械式の腕時計は複雑機構の塊のようなものです。

実は、私はこの時計というものが大好きで、小さな頃からいくつの時計を分解してきたことか、、、
おかげで、我が家にまともに動く時計が無くなってしまった時期まであります。

大人になってからはそんな無茶はしなくなりましたが、その代わりに身につける腕時計にはうるさくなっていきました。
最初は親に買ってもらったセイコーだったのが、自分で買うようになってからはオメガ→ロレックス→ブレゲ→ヴァシュロン・コンスタンタン、、、そして最後にフランク・ミュラー。

何故フランクに辿り着いたのかというと、そのメカニズムの斬新さもさることながら、ビザン文字という特殊な数字表記、トノー・カーベックスという手首にぴったり収まるケース形状などが私の好みにあったということでしょうか?
ですから、気がつけば何個もの彼の時計が私の周りに集まっていたのです。

そして今回も、魅力あふれる彼の最新作品をタップリと鑑賞出来ました。
こんなチャンスを下さったMさんには感謝のしようもございません。 ありがとうございました。

◎W.P.H.H.とは、フランク・ミュラーが独自で開く、彼のグループの会社の展示会。
 それが、今年は京都であったのです。
131101c 310

◎その開催場所が、八坂の五重塔の横にある”THE SODOH” 元は、京都画壇の重鎮、竹内栖鳳の私邸だったお屋敷です。
 そのお庭に、フランク・ミュラーのビザン文字の装飾が、、、
131101c 284

◎夜になると、こんなにライトアップされますよ。
131101c 311

◎今はホテルや結婚式場を経営している会社が運営しているそうですが、私にとっては初体験。
 そんなレストランで、昼食をいただきました。
131101c 260

◎なんとまあ、どこもかしこもがフランク・ミュラーのビザン文字で装飾されています。
131101c 281

◎ギャルソンのいでたちもこんな。
131101c 261

◎このブレスレットは、今回のイベントが終わればもらえるそうです。
 ヤフオクに出してみれば?
131101c 262

◎お昼にしてはタップリのフルコースを頂きました。
 料理の質は文句なし。ただ、食材などは京都のものを使っているところが、この近所にある笹島くんのイル・ギオットーネに似ていると感じました。

 それにしても、どこにもかしこにも”ビザン文字”で徹底しています。
131101c 263

131101c 268

131101c 266

131101c 273

131101c 277

131101c 279

131101c 269


131101c 274

131101c 275

◎ただ、心の底では「早くフランクの新作を見たいよう。」と思い続けていたのも事実です。
 本来の目的はそれですから。

 そして、あるわあるわ、溢れ出る温泉の湯水のごとく最新作品が陳列されています。
 ほんとに”目が眩む”とはこのことですね。
131101c 291

131101c 292

131101c 295

131101c 283

131101c 297

131101c 298

131101c 299

131101c 290

◎その中でも、この作品が今回の最高価格品でした。
 いくらだと思います? 2億8千万円!!だそうです。
131101c 287

◎目だけでなく、頭もクラクラしながらフランクの時間が空くのを待ちます。
 雑誌の取材が長引いているということで、こんなワインや、チーズプレートで時間を潰しましょう。
131101c 302

131101c 303

◎彼の時間が押しているということなのでそれほど長くは一緒にいられなかったのですが、ちょっと話をしたりして楽しく過ごすことが出来ました。
 記念写真の時に彼の新作ウォッチを付けさせてもらったのですが、彼の耳元で「俺、写真を撮ったらすぐに走って逃げるから。」と言うと、
 「ネヴァー!」と言って、私の右肩においた手に力を込めたのが面白かったです。

 それにしても、私のイメージの”ちょっと神経質な天才っぽい青年”の面影はどこに行ったのでしょう?
 まるで”酒場で毎晩飲んだくれている赤ら顔のおっさん”になってしまっているではありませんか。
 
 まあエエわ。次回は是非彼の工房である”ウォッチ・ランド”を訪れて、あの超絶技巧の秘密を覗き見たいと思います。
 私が興味を持っているのは彼の容姿ではなく、彼の指先で生み出される魔法なのですから。
131101c 304
スポンサーサイト



コメント

す、すごい!

言葉が出ません。さすが、まなゆうさんですなぁ~。

かるあしさん、マイドです。コメントありがとうございます。

私がさすがではなくて、フランクがサスガですね。
なにしろ20歳代で世界的に認められた時計師になったのですから。

ただ、今くらいの規模になると彼自身が手をつけた個体というのはホンの少しだけだそうです。
彼の今の興味はトゥールビヨンだそうで、これからも意欲的な新作を出していくだろうと思います。

かるあしさんもいかがですか?

とんでもございません

私には一生無理です。絶対に!
普通のサラリーマンでっせ!

かるあしさん、、、マイドです。コメントありがとうございます。

かるあしさんもエンジニアですから興味はおありだと思います。
溜まったマイルで、、、アカンかなあ?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2218-5febc4a3

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!