FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

DRCの夕べ@リストランテ t.v.b -蘇る、あの丘の思い出-

ワイン・グロッサリーのまさきこさんからお誘いをいただいたので、イソイソと祇園南まで。
去年にひき続いて、DRCの各銘柄を楽しませていただけるということなので、、、

私などがこれらのワインをとやかくいう資格はないのですが、やはりその希少性、価格の高さなどが頭のなかに刷り込まれているためか、それ以外のワインに接するときよりも緊張感を感じますし、より美味しく味わってしまいますね。

一年に一度ということ自体が贅沢とも言えるこれらのワインと最近イメージが少し変わった新しいシェフによるt.v.bさんのお皿の数々、、、
素晴らしい時間を本当にありがとうございました。

◎最近慣れてきたt.v.bさんのエントランス。
131111c 001

◎一番奥のテーブルに案内されます。
 その奥からキッチンを見ると、、、見えませんな。
131111c 020

◎本日の役者がドド~ンと揃い踏みでございます。
131111c 003

◎まずはお料理の紹介から。メニューはこのような流れで。
 最近の産地偽装問題からすると、ここまで食材を特定しちゃって大丈夫かと思うような名前がズラリ。
131111c 010

◎それらのお皿は写真館でどうぞ。少し暗めですが、雰囲気はこんな感じでしたので。
 今回特に関心したのは火の入れ具合。絶妙でしたね。
131111c 024

131111c 029

131111c 031

131111c 034

131111c 039

131111c 044

131111c 052

131111c 068

131111c 077

131111c 079

131111c 084

131111c 088

◎ワインは、最初の口開けはこんなシャンパンで。
131111c 023

◎その後は次々と七種類の赤ワインがグラスに注がれていきます。
 なるほど、こういう飲み比べですか、、、楽しいですねえ。

 個人的には、2004年のエシェゾーがスゴイ変化球で面白かったですねえ。
 それ以外のワインたちは、、、私の舌では表現することができません。コルトンだけは「まだまだこれからに期待やね。」

 ああ、こんなワインを飲んでいると、あのロマネの丘の光景を思い出してしまいますねえ。
 朝日に輝くあの十字架、、、また行きたいなあ。
131111c 009

131111c 030

131111c 064

131111c 035

131111c 063

131111c 041

131111c 050

131111c 056


131111c 061



◎そして、トリを務めるのはやっぱりモンラッシェ。跪いて飲みましょう。
 やはり、これだけ熟成したワインは別格。円熟の味わいとはこのことか。濃いわあ。
131111c 072

◎いつもいつもお世話になってありがとうございます、社長様、会長様。

 また、金沢からお越しのHさんも楽しい会話をありがとうございました。
 今度は金沢でお会いできれば嬉しいです。
131111c 089
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2221-94ab137f

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!