FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

中国最新事情 -今や、高速鉄道で移動は当たり前-

思い返せば13年前、中国国内での移動手段といえば長距離バスかタクシーの借りきり(高速道路はまだ無い頃です)でした。

それが国内航空網が発達して飛行機に。そして今は高速鉄道が当たり前になってしまいました。
私自身もこの変化の早さには驚いています。

今回の出張でも、常州市から徐州市への移動は高速鉄道で。わずか2時間でアッという間に到着です。
ただし、この言葉にはウラがあります。

高速鉄道の駅はそのほとんどが在来線の鉄道とは接続しておらず、しかもその駅のある場所が市内の中心からは遠く離れた郊外にあることが大問題。
高速鉄道自体は速いんだけど、その前後の移動時間は、、、かなりかかるんですよねえ。

それにしても、徐州市は常州市よりも北にあるので、ますますPM2.5の通り道に近づいてしまうということが怖いところなんですけど、、、

◎朝から霧ではなくPM2.5に霞む常州北駅です。この駅も超巨大。
131204c 072

◎これがパリの北駅なら雰囲気が出るんだけどなあ、、、この匂いがねえ。
131204c 077

◎駅に入るには手荷物検査とボディチェックがありますが、、、まあ形だけですね。
131204c 076

◎清潔な駅構内。この区画だけで何人の掃除婦がいることか。
131204c 074

◎今回は”一等座”ですから、ちょっとお高いです。
131204c 075

◎例によって、出発時刻の10分前に一斉に検札開始です。大混雑。
131204c 078

◎列車が到着するプラットホームに人が溢れ出てきます。それに比べて隣のプラットホームには誰もいません。
 つまり、列車から降りた乗客は強制的に駅から出て行かなくてはいけないんです。たとえ、その人がその駅で乗り換える予定だとしても。
131204c 080

◎そして列車が滑りこんできます。
131204c 082

◎一等座では飲み物とスナックのサービスが有ります。こんな甘いジュースやお菓子はいらないから、ビールとスルメでも欲しいなあ。
131204c 085

◎例の事故以来、最高速度は300キロに制限されたままですね。
131204c 088

◎日本の新幹線と違って、中国の高速鉄道には熱いお湯の蛇口が備わっています。
 お茶の文化の影響を感じます。←カップヌードルの影響かも?
131204c 092

◎さて、徐州東駅に到着です。ちょっくら仕事をしてきますね。
131204c 091
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2232-068b5eea

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!