まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

そばきり みよ田 -希少性か?、安定感か?-

長野市に来ています。業界の集まりがあるので、、、

集合時間が午後2時なので、駅前で軽く昼食を食べることに。
当然ながら、長野に来たならお蕎麦ですよね。

今回お邪魔したのは”そばきり みよ田” 駅前のホテルの1階にお店はあります。

メニューを見ると、そこには”限定15食”と言う文字があります。しかも、一番目立つ場所に、、、
それは”十割セイロ” つなぎを入れない純粋なお蕎麦のことですよね。

私も一時期は蕎麦打ちに凝った時もあったので、十割蕎麦の難しさはよくわかっているつもりです。
ほんとにお蕎麦にならないんですよ。

ですから、お店でこの文字を見てしまうとどうしても注文してしまうんです。
私の心の中にこのお蕎麦への憧れがあるんですね。

ところが、今までに何回もいろんなお店でこの十割蕎麦を食べるんですが、美味しかったかというと、、、
逆に、普通の二八の蕎麦のほうが喉越しも良いし、かみ締め応えもあるしで満足感は高かったりするんですよ。

果たしてこのお店はどうなんでしょうか?

◎お店は善通寺口からわずか数分。ホテルの1階にあります。
140427c 007

◎店内ではカウンター席に案内されたのですが、この奥にずらっと個室があって、ボリュームはかなりの大店です。
140427c 002

◎どうしても”限定”の誘惑に負けてしまって”十割セイロ”の中盛り(約1.5枚分)を注文。
 お蕎麦は二段で出てきます。
140427c 004

◎つなぎなしでしっかりとこれだけのお蕎麦を打てるのは素晴らしい!
 これだけの細さで湯掻ききれるのはどこに秘密があるのでしょうか?←わたしがやったら2cmくらいでバサバサ切れてしまいます

 ただ、どうしても食感自体はモサモサとしてしまいます。
 香り自体もそれほど立ってこず、やはりこのお店でも満足感は得られませんでした。
140427c 003

◎更科系のような「辛い!」と言うようなつけ汁でなく、どちらかと言えば関西系。
 そして蕎麦湯の粘度はかなりのもの。つけ汁との配合具合を調節して堪能いたしました。

 結果的に言えば、、、やっぱり二八を選んだほうが賢明なのかもわかりません。←あくまでも私の個人的感想です。誤解なさらないでくださいね。
140427c 006

◎長野駅で遭遇した新しいE7系。かなり大柄に見えますね。カラーリングの影響なのかなあ?
140427c 009

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2305-9ebd5639

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad