まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

第一回チキチキ若ちゃんBAR@聖護院 嵐まる -果たして次回はあるのか!?-

”聖護院 嵐まる”の人気者の若ちゃんがたった一人でワンマンバルを開くというニュースを聞きつけたので日曜日の夕方にお店に行ってみました。

どうやら来客のピークは過ぎたらしく、お店の中のお客さんは二人だけ。
更に、若ちゃんのピークも過ぎてしまったようでかなりしんどそうです。

でも、そのしんどさはお店が忙しかったというよりはお客さんから勧められたアルコールを飲み過ぎたのが原因のようですけど。

幸いなことに(?)その後はお客さんも来なかったので、閉店時間の6時まではそのまま営業できたようですが、一旦帰宅して夜の部(通常営業)に再訪した時には若ちゃんの姿は見えず。
ご主人に聞くと「戦力にならんので寝てもらってますわ。」とのこと。

さあさあ、この経験を活かして次回の”若ちゃんBAR”はどのようなスタイルに進化するのか?それとも止めか?
今後の展開に目が離せない状況になってきました。

もし次回があるならば、私としては開店時間から参加して、もっともっと若ちゃんをイジりたいと思っています。

◎通常営業の前の3時間だけ開店するという時間限定で、出される料理も黒板に書かれた3種のみというこれまた限定版です。
 でも、その料理も若ちゃんが考えぬいたというオリジナルなんだそうですよ。
 そのくせ、焼きそば用のソースを買い忘れたためにオリジナル焼きそばが単なる素焼そばになってしまったという裏話があるとかないとか。
140613c 024

◎まずはとりあえずのビールで状況把握です。
140613c 025

◎まず発見したのは若ちゃんがヘンだったこと。異常に陽気なんだけど、突然下を向いて動かなくなったりして、、、
 ハハハ、この人ヨッパらっちゃってるわ。
140613c 031

◎そんな若ちゃんのオリジナル”豚の角煮 煮卵と共に”
 味付けは全体に強め。ビールにはよく合います。バルの料理だと考えれば納得。
140613c 027

◎あとはチューハイにチェンジして若ちゃんとヨモヤマ話。
 多分、本人は覚えていないだろうけど。
140613c 029

◎そしてもう一品”塩豆腐の卵焼添え”この”卵焼”に若ちゃんの気持ちが入っているのが嬉しかったなあ。
 いつもお店で頼む”若ちゃんだし巻き”ではなく、味付けも東京の蕎麦屋で出てくるような甘めの味付けです。
 もちろん、この味を京都の割烹で出したら文句が出るでしょうが、ここが本来は立ち飲みが当たり前のバルだと考えればこの味付けはアリです。

 嵐まるのご主人から学ぶ基本は絶対条件ですが、それを身につけた上での変化球なら、それが若ちゃんの味として生きてくるようにも思うんです。
 残念ながら、3品目の素焼そばは若ちゃんの体調を考慮して断念しましたが、また巡り会えるチャンスが有れば嬉しいですねえ。
 ガンバレ!! 若ちゃん!!
140613c 034
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2337-dd96691b

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad