まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

逃避行 パリ、ボルドー -レストラン ユニヴェール この世で一番高額なドサージュ-

時間通りにジェフリーさんも到着したので、いよいよレストランの店内へ。
このレストラン(L’UNIVERRE)はボルドーで一番豊富なワインの所蔵で知られているそうです。

そういえば、ボルドーのレストランのワインリストを見てみると極めてボルドーワインに傾斜していることがよくありますねえ。
そりゃあ地元なんだから、その気持ちはわからなくもないのですが、たまにはブルゴーニュやアルザスも飲んでみたい人もきっといると思うんですよ。

そんな人が集まるレストランなんだそうです、ここは。ワインバーとしても使えるそうなので気軽に出かけてみても良いんじゃあないでしょうか?←今度いつ来るの?

◎外観はこんなにシンプルなモノトーンのレストランです。お店のHPはこちら
140716s 520

◎レストランのテーブルや椅子は極めてチャチ。”海の家”でもこれよりマシかな?
 ただ、壁沿いのワインセラーの品揃えは素晴らしい。フランスだけでなく、ドイツ、イタリア、スペインと揃っていますね。←HPのワインリストをご覧ください
 中にはかなりのオールドもあります。う~ん、ここは私は手を出さずジェフリーさんに任せましょう。
140716s 548

◎ジェフリーさんが言うにはここのシェフはボルドーでも指折りの腕前だとか。
 配られたメニューから何を頼んでみようかなあ?
140716s 539

◎ジェフリーさんが最初に選んだのはこんなワイン。ナーエのリースリングです。ふふふ、アンタ、やるねえ。
 甘さがあるワインに何を合わせるのかなあ?、と思っていたら、、、
140716s 543

◎この地は少し南に行けばもうスペイン。バスクの生ハムが出てきました。
 「栗の甘さがあるでしょ?」って言われたんですが、塩気が弱いので肉の甘さが出てくるのですね。
140716s 535

◎パンも自家製だそうです。確かにしっとり感が違いますね。
140716s 542

◎私の前菜は”エスカルゴ ペリゴール風”
 このエスカルゴは巨大です。トマト味になっているエスカルゴは初めてかなあ?エスカルゴってエビとタコの間の味がしますね。←なんのこっちゃ?
140716s 544

◎ジェフリーさんのペースは早い。次はブルゴーニュの赤ワインが登場。
 ユドロ・ノエラのクロ・ド・ヴジョー08です。ああ、久しぶりのピノ・ノワールやあ。この酸が愛おしい。
140716s 547

◎更にもう一本。ドメーヌ・ド・トレバロンの90ですかあ。
 みんなのお皿を見ながら的確にワインを選んでいくところはさすがですね。もちろん、その相性はぴったしカンカン。
140716s 549

◎そうなんですよ。私のメインは”ピレネー産の乳飲み子羊の後ろ脚のグリル”だったんですよ。
 外はカリッと中はホカホカ。肉の柔らかさにちょっとびっくり。

 ワインと料理がお互いに高め合う相乗効果をすごく感じました。
 ここのシェフの腕前はすごいですね。決して強い味付けではないんですが、噛みしめると素材の味が口の中に広がります。
140716s 551

◎ここまでのジェフリーさんのお手並みを拝見していた西田さんが、対抗心をメラメラと燃やしながら打ち出した手がこれまた大びっくり。
 ツカツカとワインセラーに歩み寄ると勝手に取り出したワインが2本。
それらを別々にデキャンタージュして冷やし、、、
140716s 557

◎更に大きなデキャンタに合わせ始めました。
 それを見た西村さんが眼を白黒させながら「この人、アホちゃいまんねん。パーでんねん。」とジェフリーさんに言い訳しています。
140716s 563

◎「これが、先日のロンドンのクリュッグのパーティーでオリビエ・クリュッグから教えてもらったシャンパンカクテルでございます。本当はグラン・キュベでやるんですが、残念ながら在庫がなかったのでビンテージ88でやりました。」
 ああ、恐ろしい。クリュッグのビンテージ88にイケムの99をブレンドしちゃいました。

 そりゃあ、これが美味しくないはずがありませんわねえ。これには今度はジェフリーさんがびっくり。
 「世界一高価なドサージュやあ。」と感心するやら呆れるやら。シェフも眼をまん丸くしていましたよ。
140716s 566

◎興奮も冷めやらぬ中、優しい青カビチーズや、、、
140716s 567

◎私にとっての定番のカフェ・エ・グラッパで「ごちそうさまでした。」
140716s 571

◎ジェフリーさん、楽しい時間をありがとうございました。まともな私はさておいて、こんな変人の二人のNさんですが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
 また、日本へ来られたら連絡をくださいね。
140716s 570
スポンサーサイト

コメント

Grande Cuvee でやってみたい

まなゆうさん、どうもです
オリヴィエ直伝のクリュグ・カクテル、今度やってみたいです
もともとはGrande Cuvee とソーテルヌなら何でもよいのでしょうか?今度こっそり教えてください
トレバロン90、今の時点で店にオンリストされているのもビックリですが、それを選ぶ方もマニアックですね
25年近く経って柔らかくなってきたんでしょうね
ワイン始めた頃に飲んだように思います
ボルドーワインはイケムだけやったんですね?
またいろいろ聞かせてくださいね~

y_chevere さん、、、マイドです。コメントありがとうございます。

西田さんいわく、ソーテルヌはイケムに限るそうです。
また、比率はクリュッグ2に対してイケムが1。

このレストランのオンリストには40年代のDRCまでありましたよ。
さすがにそれは、、、ねえ、、、

ジェフリーさんのセレクトには感心しきりでした。まあ、彼も今更ボルドーを勧めることはあえて避けたんじゃあないでしょうか?

y_chevere さんのブログのようなアカデミックさはみじんもないブログですが、これからもよろしくお願い致します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2394-cd57b824

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad