まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

亜米利加国出張記 -ANAにはANAの良さがある-

機内装備の点ではオイルマネーの力で押してくるエミレーツには敵わないものの、サービスの点で見れば量だけで無く質というものの評価基準があります。
その視点から今回のフライトを見直してみれば、ANAの良さもかなり高得点だと思わせてくれる内容ではありました。

決して押しつけではない、それでいていつも気を使ってくれていることを感じさせない心遣いとでもいうのでしょうか?
これはかなり日本的なことなので、日本人なら感じるでしょうが、果たして外国人はどうとらえるんだろう?

お皿一杯に盛られた野菜の上に乗った分厚いサーロインステーキと神田藪蕎麦のもり蕎麦の違いとでもいうのでしょうか。
これはあくまでも好み、しいて言えばその日の体調の如何によることだとも言えますけどね。

◎離陸後はかなりの時間にわたってシートベルトサインが消えず、絶えず細かな揺れが続いていたのですが、ようやくメニューリストが配られました。
 さて、何をいただこうかなあ?
IMG_0674.jpg

◎やはり最初はシャンパンから。今回はあえてクリュッグを避けて”シャルル・エドシック ブラン・デ・ミレネール1996”をチョイス。
 泡はもう弱く、すこし儚さを感じる味わい。熟成感と言うよりは衰えと言うべきでしょうか?でも、決してマイナスイメージではないですよ。
IMG_0680.jpg

◎アミューズはこんなお皿が。このスタイルはANAの定番になっていますね。一つ一つが非常に凝っていて味わい深いものがあります。
IMG_0683.jpg

◎かなりの時間の検討を経て、スタートはやはりキャビアから。
 宮崎の白チョウザメからとられたキャビアだそうです。それをホタテとのガトー仕立てにしているんですね。
IMG_0686.jpg

◎やはりここにも質の高さを感じます。キャビアも塩気がやさしくてフレッシュ感がありますね。
 メニューの中にも日本の食材が多く見られて、それはそれでうれしいことです。
IMG_0694.jpg

◎でも、今回のワインはアメリカ産のものから選んでみましょう。←今から行く国だからね
 白はマグレイションのシャルドネ2012。ロシアンリバー・ヴァレーですね。

 最近のアメリカの白ワインはエレガントさが増してきていますね。今までの厚化粧から一皮剥けたように優雅です。
IMG_0698.jpg

◎パンは4種類あったので全種類制覇。特筆すべきものはありませんが、普通に美味しいです。
IMG_0692.jpg

IMG_0707.jpg

◎ガーデンサラダ パルメザンのチャイール添え
IMG_0701.jpg

◎ドレッシングはいくつかから選べるのですが、私は高知産の柚子胡椒で。
IMG_0703.jpg

◎メインには大分豊後牛のロースを。
IMG_0708.jpg

◎ソースは安心院ワインのイモリ谷メルローワインを煮詰めて。
IMG_0712.jpg

◎機内食のお肉の表面の焼き目はすでにつけられていることはテレビの番組で知っていたんです。
 ですから焼き加減には期待していなかったんですよ。

 そして実際にお肉の断面をチェックしたらほとんど赤色は無し。
 「ああ、やっぱりね。焼きすぎだわ。」なんて思って一口口に入れて大ビックリ!!

 なんと噛み締め応えのある、そしてどんどん肉汁がほとばしってくることか!!
 いったいこれは何ですかあ!? いやあ、参ったなあ。
IMG_0716.jpg

◎それほど美味しいお肉に合わせたのはナパのカベルネ2011.サン・スペリーエステートと言うワイナリーのものです。
 あまり特徴のない、言い方を変えれば素直な味ですね。なぜANAがこれを選んだのかが不明。
IMG_0706.jpg

◎チーズプレートは4種類のチーズから。
 クーロミエ、ゴルゴンゾーラ、プティ・アグール、セル・シュール・シェールです。
IMG_0720.jpg

◎食事の締めくくりはナッツとポルト酒で。
 大満足の晩御飯でした。
IMG_0725.jpg

◎あとは時差ぼけ対策で早めに就寝することにいたしましょう。
 CAさんにベッドを作ってもらって、、、おやすみなさ~い。
IMG_0727.jpg
スポンサーサイト

コメント

さすがFirstClassですね

まなゆうさん、毎度です
レポート、いつも楽しみにしています
シャルル・エドシック ブラン・デ・ミレネールですか!渋いチョイスですね~
私はこのキュヴェ大好きです
1996年からラベル変わったんですね
今度1990年飲む予定です
食事も本格的で美味しそうです
いつか乗ってみたいなぁ

y_chevereさん、、、マイドです。コメントありがとうございます。

そうなんですよ。なかなかのヴィンテージシャンパンを発見して嬉しかったです。
しかも、他のお客さんはやはりクリュッグに流れたようで、このボトルはほぼ私の独壇場。きれいに飲み切りました。

食事のレベルはANAは高いですね。ただ、いくら食べろといわれてもそう食べれるものではありませんね。
私も歳ですから食が細くなりました。

そう考えると、ファーストには若いうちに乗って全メニュー制覇とかやるべきなんじゃあないかと、今頃思っています。
もう遅いですけど、、、、

はじめまして
ちょうど次にANA(欧州線)に乗る予定があり予習させてもらいました

今もクリュッグとミレネール両方出してるようなので
飲み比べてみようと思います

酒量のキャパ的に合わせてボトル1本位で酔ってしまいますが、、
他のお客さんと被らなければおつまみで和洋折衷で出してもらうのも
いいかなーとか考えてみたりしています

ワインもコルトン・グラン・クリュ2007は飲もうと思いますが他がさっぱりです
メニューはURLのものが出るようですがおすすめはありますか?

生郎ラーメンさん、、、はじめまして。コメントありがとうございます。

おおっ! 欧州便のファーストですか!?
それは羨ましい。

私は最近ではあっち方面はエミレーツになってしまっています。
やっぱり関西在住では成田はめんどくさいんですよ。

でも、ANAのHPを見ていると最新機材は欧州便から導入されて行きますよね。
今回お乗りになるのがどのようなシートなのか興味があります。

お尋ねのワインですが、かなり頻繁に(2ヶ月位?)で内容は変わっていっているようです。
私のオススメというよりは、そのあたりはCAさん(ソムリエバッジをつけている)とご相談されたらいかがでしょうか?

CAさんも、そんな親しく声をかけられるのを待っていると思いますよ。
そして会話が弾んで楽しい気分になれば、飲み物も食べ物ももっと素晴らしい思い出になると思いますよ。

お返事ありがとうございます

>座席
座席はANA First Squareです
公式にある777-300-ERのシートですね

フランス路線だと旧来の開放的な座席のようですが
個室感がある新型のほうが1人だとゆっくりできて良いです

欧州だとロンドンやフランクフルトは最新機材になっています
欧米もニューヨーク線は同じ機材だったと思います


実は乗るのは明日なんですよ(笑)
復路は5月9日なので少し間がありますが

アドバイスの通り、相談しながら決めてみようと思います
自分だけで決めると値段で上から順に試して終わりになりそうですし(笑
食事も食べられるほうなので、他のお客さんに差し支えない範囲で
和洋折衷でアレンジしてもらおうかなーとか思っています

生郎ラーメンさん、、、マイドです。コメントありがとうございます。

ありゃぁ~! じゃあ、もう空の上なんですねえ。
どうぞお気をつけて(お仕事なのか休暇なのかは不明ではありますが)楽しい旅を!!

これは私の私感ですが、CAさんはおしなべて接客がお好きなんだと思います。
ですから、こちらからきっかけを作ってあげればいくらでも近づいてきてくれると思っています。

あれは湾岸戦争の頃(遠い目)、関空から飛んだアメリカンのビジネスクラスの客は私一人。
その時には黒人のCAさんがずっと隣の席に座ってお相手をしてくれました。 まるで、どこかの高級クラブのような雰囲気でしたけど、、、

ちょうど乗った時は8席のうち6人が予約で埋まっていて
最終的に7人の搭乗でした

ちょっとCAさんも忙しそうでしたが話をすれば快く応じてくれる感じでした
ビジネスもスタッガード席になって、差をつけるところといえば飲食と接遇
になるので、精一杯やらせていただきます、みたいなことは言っていました

和洋は半々で分かれたようで、洋食メインで行きましたが余った和食を
おつまみに出してもらいつつ、色々いただいて満喫しました
まだアラフォーなので食事も目いっぱい食べてしまいました

シャンパンは提供品を試しつつ結局クリュグに戻る人が多いと
CAが話してましたが、まあそんな感じでした(笑

品切れが発生したのはボトリング吟穣茶という緑茶だけでした
私の舌では値段ほどの価値がわかりませんでしたが、味見はしました

>空席が多い時
空席が多いと、隣をベッドにしてくれたりとかプラスアルファの対応が
また違うと聞きますが、、

ビジネスで1人はまたすごいですね。今では考えられないです
マンツーマンで落ち着かないかもですが、それはそれで(笑

生郎ラーメンさん、、、マイドです。コメントありがとうございます。

8席中7席が埋まるとはさすがはANA。
人気ありますねえ。

おっしゃるように、ビジネスのグレードがどんどん上がってきているので、ファーストの存在感は機内食になってしまうのかもわかりませんね。

でも、、、お腹には限界があるからなあ、、、
お腹も一杯になったらそこまでですからねえ。

どうぞお気をつけて外遊をお続けください。
また帰り便のリポートもお願い致します。

どもです
帰りの便は搭乗直前まで4/8シート埋まっていて、これはひょっとしたら
空き席にベッドメイキングでもしてもらえて悠々かなと思ったら・・・

当日のCからのアップとかの方で満席御礼となった模様
ただ女性と高齢者が多かったせいか、和食コースが全部売り切れで
洋食は全種類余り、飲み物も全て余裕という感じでした
和食は日本発のほうが間違いなく質が上なので、
外国発の復路路線での売り切れは珍しいとのCA談でした

食べられるのであればどうぞ、ということで洋食のアペタイザー3種から3種とも
メインディッシュも3種から3種とも頂いてしまいました
おつまみに人気という鹿児島産つけ揚げ(しょうゆとわさびで食べるさつま揚げ)
、鮭ルイベ山葵和え等で梅酒、焼酎をいただきました
しめにポートワインのグラハムトゥニー30年で

さすがに満腹で、寝て起きた後に軽食食べて終わりです
朝からラーメン、カレー、和朝食セットという豪快な人もいたようですが(笑)

4月からアメニティがリモワのポーチからサムソナイトのポーチに
変わりました。全4色あるようで、しばらくこれで行くみたいです

満席とはいえストレスなく過ごすことができました
JALだとシャンパンがサロンだったり、焼酎に森伊蔵限定があったりと
グレード上げてきているので、ANAも個性出してがんばってほしいところです

また次は8月になりますので、その頃に

生郎ラーメンさん、、、マイドです。コメントありがとうございます。

ANAの和食は私も好きです。それが無かったのは残念ですね。
でも、それだけの量を食べられるのはエライ!私はもう無理です。

最近ではJALも頑張っているようですので、ANAも負けてはいられませんよね。
それにしてもJALの森伊蔵の話は懐かしい。私はあの4合ボトルを買うためにわざわざニューヨークに仕事を作ったりしたんですよねえ。
思いだしました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2434-3aaa75f7

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad