FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

プイィ・フュイッセ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2002

今年のメダカも順調に大きくなってきていて、最近では自分より小さなボウフラを捕食するくらいに成長してきました。ここまでくればひと安心です。
今日は水槽に酸素補給用のコンプレッサーをセットして夏対策もできました。それにしても、今年のホテイアオイの成長が遅い!!日陰ができないんです。
そういえば、最近の野菜も生育不足で高値で安定していますね。今年は晴れた日が少ないからなあ。今年の梅雨はどうなるんでしょうか?

普通は、シャトー・フュイッセと言われれば、プイィ・フュイッセの本家本元だと思ってしまっても仕方が無いと思いませんか?事実、この村を代表する生産者らしいです。
でも、この目の前にある、1本のワインは何かが違うと思うんです。しかも、このワインには「古木」だと書いてあるんですよ。あるがままの印象はこうなるんですが、、、、
色は薄い黄色。少し冷やしてもグラスを伝う雫には粘性を感じます。香りはあんまりあがってきません。少し冷やしすぎたかな?グラスをグルグル回していると、シトラスのような揮発油の香り、南方系のフルーツの香り。飲んでみると、酸がどこかに行っちゃった感じです。ですから締りが無い。かと言って果実味があるわけではない。舌の上で転がしてみても、単純にアルコールを感じるだけです。
べつに熱劣化を起こさせた記憶はないし(我が家では)どうしてこうなったのかがわかりません。今回の印象をそのまま持つのは少し疑問だと思うので、再挑戦しようと思います。(E)

生産者-シャトー・フュイッセ
生産国-フランス
購入店-ヴェリタス
購入価格-3980円

◎重くて本格的なボトル。ラベルも重厚で、これで中身が伴っていれば、、、、
DSCF1396.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/246-b34594a3

プイィ・フュイッセ(フランス/ブルゴーニュ地方:産地銘柄)

「プイィ・フュイッセ(フランス/ブルゴーニュ地方:産地銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 ...

ヴィエイユ・ヴィーニュ(ブドウ古木)

「ヴィエイユ・ヴィーニュ(ブドウ古木)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006年7月11...

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!