まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

伊太利国出張記 -不幸の連鎖はアルバでも-

「今日の昼飯は久しぶりにエンリコのところに行こうと思ってるんやけど。」
「あれっ!? 知らんの? エンリコは今日はトリノでイベント出演やで。 昨日、そう言うとったもん。」
「ぐぇ!! ほんまかいなあ。 アカンがなあ。」

ああ、お目当てのレストランに行けないという不幸の連鎖は、ボローニャ、ミラノ、そしてここアルバでも繰り返されたのでした。
ちなみに、エンリコというのはエンリコ・クリッパのことで、お目当てのレストランとは”ピアッツア・ドゥオモ”のことです。

エンリコの関西弁風の怪しい日本語を久しぶりに聞きたかったんだけどなあ、、、チキショウ!! ガックリ、、、
すごく落胆する私を見ていたジャンフランコが「まあまあ、そう落ち込まんと。ラ・ピオラは開いてるはずやから、俺も付き合ってやるし、、、」

と、言うことで今回のアルバの昼食は慎ましくいただくことになったのでした。
このやり場のない怒りは日本に持って帰って誰かにぶつけてやるぞ!!

◎ラ・ピオラはピアッツア・ドゥオモの1階部分にあるトラットリアです。
 経営はピアッツア・ドゥオモと同じワインメーカーのチェレットです。HPはこちら
141120c 449

◎ワインリストはこんな。チェレットのワインが載っているのは当然のこととして、”DOYOUWINE.COM”と言う項目がありますが、これは地元アルバのワインショップのセレクションだそうです。
141120c 429

◎そんな中から、私が選んだのはこれ。チェレットのバルバレスコです。
141120c 431

◎メニューはこんな感じ。英語もあるのでわかりやすいですね。
 ちょうど真ん中くらいに白トリュフの値段が書かれていますね。1グラムが3.8ユーロだそうです。これは安いんじゃあない?
141120c 430

◎私のアンティパストは”生肉のアルバ風” それに白トリュフをスリスリしていただきました。
141120c 436

◎プリモはピエモンテ名物の”タヤリン・アル・ラグー”細めの卵麺のしっとりとした食感が良いですねえ。
141120c 439

◎そしてセコンドはメニューに載っていないシェフおすすめの”巨大ポルチーニのフリット”
 ちょっと遊び心を感じるプレゼンですね。
141120c 445

◎カットはハートマーク。サクサクでホクホク。トリュフ塩がかけられているので、まるでこの近くの林の中を散歩しているような錯覚に襲われます。
 これはすごいなあ。日本でもやってみよう。←椎茸かな?舞茸のほうが良いかな?
141120c 446

◎最後にはいつもの”まなゆう風胃薬”が必然です。ジャンフランコと一緒に私の昼食に付き合ってくれた彼の奥さんも「アンタ、イタリア人よりもイタリア人やん?」と呆れ顔。
 お店を出ようかという時にエンリコからジャンフランコに電話があり、ちょっと話が出来ました。相変わらずの変な関西弁も少しだけ聞くことが出来ました。
 まあ、彼とは来年再会しようと思います。←ちゃんと予約しろよな
141120c 448
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2463-c7d7646e

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad