まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

チッチョリってご存じですか? -隠れたレッジョ・エミリア名物?-

まあ、これだけイタリアに行っていると、有名なものはほとんど制覇してしまいますよね。(あくまでも偏った行き先ですが)
そして行くところがなくなると、、、あまり知られていないマイナーなものを探し始めるんですよ。

今回も、取引先のマルコの会社があるレッジョ・エミリアで発見したものが”チッチョリ”←CICCIOLI
レッジョっ子が言うには「俺達の街が一番最初さ。」なんだそうですが、後から調べてみればイタリア中に同じようなものはあるみたいです。

つまりは”豚の油かす”のことなんです。

まあ、こちらに来て感心するのは肉食人種たちのマメなこと。
羊にしても豚にしても、ほとんどすべての部位を食べてしまいます。捨てるのは、、、出汁を取った骨くらいかなあ?

生き物の命をいただくのですから、それを最大限食べるという意識は私も敬服しますし、どこやらの国のテレビ番組の”し*ら動物園”のように、小さな動物を馬鹿みたいに可愛がるタレント達(こいつらも肉は食ってるはず)なんかには、イタリアに連れてきて羊を包丁一本でさばいている80歳のおばあちゃんを見せてやりたいと思うほどです。
ああ、ちょっと興奮しちゃった。あの番組が大嫌いなもので、、、

話を元に戻して、、、チッチョリですよね?
これがワインのつまみに美味しいんですわ。

作っているお店によって味は千差万別。塩だけもあるし、ハーブが入っているものもあるし、、、
この食べ歩きも楽しいんですよ。

今回はボローニャで調達しましたが、みなさんも是非、イタリアのお肉屋さんに立ち寄って「チッチョリの味見させてえな。」って言ってください。
気の良いおっちゃんが「ほらよ。」って塊をちぎって勧めてくれるはずです。

買うか買わないかは、その味を確かめてからにしたほうが良いのは当然のことですが、、、
 
◎ボローニャの有名処”古い魚屋通り”にあるSIMONI。お肉、ハムの老舗です。
141120c 295

◎カウンターの中に積み上げられているのが”チッチョリ”
 板状になっているのは、プレスをかけられて油は搾り取られてしまっているから。
141120c 294

◎断面はこうです。小さなブロック上に切られた油かすですからポロポロと崩すことができます。
141220s 041

◎こんな小さな塊を口の中に放り込んでから赤ワインをグビリ。美味いわあ!!
 SIMONIのチッチョリは味付けの薄いタイプなので、自分で塩を足したり、他の味付けをしたりとアレンジが出来ます。
 そんなところも、私が好きな理由の一つなんですよ。
141220s 040
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2485-28e93887

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad