まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

聖護院 嵐まる -海の宝石箱(仮称)あらわる-

年末のいくつかの記事が残っていますので、本年のブログはそれらからアップさせていただきます。

もうそろそろ年賀状のことが気になり始めたある夜。いつものように嵐まるさんへ。
もう完全に生活の一部になってしまっています。ワンパターン化しつつあるのかな?

でも、メニューを見てちょっとびっくり。中華系の料理が加わっているではありませんか。このお店は私と違って日々進化中のようです。
ご主人は「まだレギュラー入りはしてないんですけど、、、」との事だったので早速注文です。もしかしたら幻になってしまうかもわからないからね。

更に、いつも自宅に持ち帰るお寿司のスタイルが一新。こちらも「まだ名前も決まっていないんですけど、仮に海の宝石箱と呼んでいます。」とのことです。
う~ん、嵐まるさんの変化に対して何の変化もない自分がちょっと情けないなあ。来年こそは、、、もう言うのを止めとこう。

◎寒くなるのが早い年末です。今年は暖冬だって誰が言ったんだっけ?
141225c 005

◎でも、最初の一杯はやっぱりグビグビいけるやつで。
141225c 006

◎色目もきれいなつき出し三種盛り。さて、今夜は何を???
141225c 009

◎やっぱりお造りからですね。”本日のおすすめ”からツブ貝と活穴子の焼霜を。
 どちらも噛む歯を押し返してくる弾力が新鮮さの証ですね。
141225c 014

◎この感じはお酒ですよね。でも、今夜は気分を変えて焼酎を。
 ”百年の孤独”をお湯割りでもらいましょう。
141225c 021

◎この勢いでメニューの新顔”牡蠣と青菜の中華風炒め”にトライ。
 やはりここでもプリプリの牡蠣の新鮮さが際立ちます。立派に中華してますがな。←プロに対して失礼なことを言うな
141225c 022

◎冬は鍋物が恋しい季節でもあります。
 ですから”くもこと水菜の小鍋”。北海道で言うところの”タチ鍋”ですね。
141225c 027

◎でも、味付けは完全な京都風。これは身体が温まりますわ。
141225c 029

◎〆には必ず”若ちゃん細巻”。ごちそうさまでした。
141225c 032

◎家人を黙らせるために必ず何か持ち帰っているのですが、最近はこの”海の宝石箱(仮称)”です。
 実は今回が二回目。前回は写真を撮る間もなく一瞬で食べつくされてしまったので今回は台所でパシャリ。
141225c 040

◎なるほど。この色彩は素晴らしい!まるでアンリ・マティスの絵画のようですね。
 ”海の宝石箱”もきれいな名前だけれど、私は”色彩の魔術師”なんて言う名前も悪く無いと思うけどなあ。
141225c 043
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2493-b5b6f47c

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad