まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

聖護院 嵐まる -特大平目にギブアップ-

私のルーティンワークとなっている嵐まるさん訪問ですが、最近の結構診断で中性脂肪が徐々に減ってきているのは「きっと以前よりも魚を食べているからだ。」と確信しています。
つまり、健康維持のためにはここに通い続けなければいけないのです!←日本酒は飲み過ぎちゃうんか?

特にこの時期は魚に脂が乗りますから「どれを食べても美味しいやん!」状態です。
たとえその魚を私が釣り上げたものでないとしても、満足感は満点ですね。

そして、今回は嵐まるさんのブログの告知で知った冬の味覚を頂きに。でも、そいつはとてつもないものだったんですけど、、、

◎寒い冬ですが、私は出かける前にひと風呂浴びるのでポカポカ状態で到着です。
150217c 048

◎ですから、まず最初の一杯はグビグビできるやつ。
150217c 053

◎残雪の寒梅の画かあ、、早く春よ来い!
150217c 054

◎今夜のお造りは炙ったのどぐろと貝柱(タイラギ)
 深海魚のギラギラした脂って癖になりますね。それをサッと貝柱で中和します。
150217c 060

◎金鶴の大吟醸。私の定番の一つ。
150217c 063

◎煮物は”とこぶし(流れ子)”
 しっかりした味付けでお酒を呼びます。これには、、、
150217c 066

◎”純米 池月”石川の酒です。
 能登の荒波を想像すると肩すかしされるような柔らかい酒です。
150217c 068

◎鍋物には”しらうおと菜の花卵とじ”
 今の時期が旬のしらうおがホクホクして絶品。「これはたまらん!」と、、、
150217c 071

◎単品でも頼んでしまった。←実はこれが失敗の原因
 ”宍道湖七珍”とも言われる理由がよく分かるなあ。お酢で食べても言うことなし。
150217c 077

◎この時点で結構お腹は大きくなっていたのですが、本来の目的を避ける事はできません。
 「ご主人、小さなヤツでお願いします。」と頼んだのは”特大平目のかぶと煮”

 この写真では大きさはわかりにくいと思いますが、一番小さなヤツでも私の指をいっぱいに伸ばした手のひらの1.5倍あります。つまり、私の顔くらい。しかも分厚い!   
 恥ずかしいことに、半分も食べられず”お持ち帰り”にしていただきました。

 この時ばかりは、私の食い意地の張り具合に自分で呆れてしまいましたわ。この性格、、、もう治らへんやろうなあ。
150217c 085

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2528-99659873

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad