まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

聖護院 嵐まる -春爛漫、佐渡か京都か-

”三寒四温”、、、そんな気候の今日このごろ、桜も木屋町あたりではほころび始め、夜のおでかけもウキウキ気分になってきました。

日本酒で言えば”燗酒から冷酒への転換期”とでも言えば良いのでしょうか?
それにともなって彩りの豊かな食材が出回り始めるのも春ならではですねえ。

そんな気分で訪れたいつもの嵐まるさん。今夜はお酒に意識を移して楽しんでみることにしました。
なにしろ、嵐まるさんの北隣は酒屋さんですから、”裏メニュー”ならぬ”裏日本酒”が結構あるんですよ。

みなさんも女将さんにそっと聞いてみられたらいかがですか?思わぬ出会いがあるかもしれませんよ。

◎夜になるとさすがに冷えますが、私は風呂あがりに来ることが多いので身体はポカポカです。
150320c 117

◎ですから、スタートはやっぱりコレから。
150320c 118

◎ついでもコイツもいっちゃいましょう。
150320c 131

◎つき出し三種盛りも八分咲きの桜の雰囲気。
150320c 124

◎メニューとにらめっこをすること数分。お造りは”甘海老(石川)とキンメダイ炙り(千葉)”
 どちらも甘さを競っているようです。
150320c 129

◎ここで、私が定番としている”金鶴大吟醸”登場です。
 生魚には完璧に寄り添ってくれますね。特にあっさり系の味には素晴らしいハーモニーです。
150320c 133

◎日本海繋がりでホタルイカを生姜醤油で食べてみました。
150320c 163

◎いつもの酢味噌とは違う美味しさです。金鶴とも合うわあ。
150320c 170

◎ここでちょっと閃いたことがあったので「まつもとの守破離はなかったですかねえ?」
 「この前に出したのは無くなったので今はコレですけど、、、」

 いつもは五百万石と言う酒米で作るまつもとが山田錦で作る純米酒です。
 磨きも抑え気味に腰の重いどっしりとした味わいがありますねえ。金鶴とは対極かな?
150320c 149

◎このお酒には、、、桃こまち(牡蠣)をフライで。
150320c 135

◎やっぱり合うねえ。口の中の脂を流すにはこれくらいのパワーが必要ですね。
150320c 141

◎次に”ホワイトアスパラバター焼き” バターにも抜群の相性を見せてくれます。
 
 う~ん、この二つの日本酒、、、どっちも要るなあ、、、ツライなあ。←嬉しいくせに
150320c 153

◎ちょっと気分が高ぶってしまったのでこんなだし巻きを。
 桜海老入りです。この断面がきれいですねえ。春を感じる瞬間でもあります。
150320c 156

◎〆には小ぶりな”かき揚げ丼” ああ、いつもの様に美味しかった。
 
 それにしても、ワインにウイスキーに日本酒に、、、私の肝臓は大丈夫なんでしょうか?
150320c 172
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2553-bdfbd76c

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad